どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/10の麺(其の参)は、中村屋@大垣市(14回目)の、
つけ麺味玉400g一味少な目(930円)(麺200gは同行者が食す)

締めは、中村屋ということで(笑)
同行者の晩御飯にお付き合いしました。
同行者はあつもりを希望したのですが、あつもりを400g頼むと途中で冷めてしまい麺がくっつくので、このような形をとりました。

胃の負担を考えて一味少なめをオーダーしたのですが、通常の3分の1以下で少し寂しかったです。
其の分、スープ自体の味を楽しもうと思ったのですが。。。
「?!!」味が違う(泣)
魚介の風味が感じられず、酸味も利いていませんでした。初めてのブレか!と思ったのですが、かき混ぜてみると、いつもの味に近づきました。うまく混ざっていなかった?
結局、美味しく完飲までしたのですが、やはりちょっといつもよりバランスがよくなかったように思えました。
スポンサーサイト
12/10の麺(其の弐)は、翠蓮@名古屋市昭和区いりなか(初訪問) の
味噌らぁめん(880円)

2軒目は、八龍@中区千代田と激しく悩んだのですが、(八龍の味噌バターは私の超お気に入り)1年前に八龍は食べているし、去年からずっと行きたかった翠蓮を選択。

夜の部、一番乗りでお店に。すっかりラーヲタの仲間入りです(笑)
最初はオーソドックスに塩か醤油で攻めるべきなんだろうけど、12月20日までの限定で一日25食限定とくれば頼まずにはいられませんでした。
で、出てきた味噌ラーメンは色とりどりの具材が載った豪華な一品。
全ては覚え切れなかったので、店のHPから引用すると

『秋限定メニュー 1日限定25食
海老・カニ・あさりダシの
味噌らぁめん はじめました!!
赤・白・こうじ味噌に、紅ズワイガニのほぐし身、
かにみそ、アサリ、エビとバター、豆乳、生クリームを
練り込んだ特製味噌ダレが自慢です!!
アサリ、エビ、カニ身のクリーム和えと
炒めたモヤシミンチのトッピングで彩る
深い味わいとまろやかさの調和した
オススメの自信作です。』

ということです(爆)
そこまでの知識はないまま、食べたのですが、色々な味が複雑に絡み合っている様は、食べていてしっかりと伝わってきました。
エビ等のクリーム和えは最初何かわからず、舐めて原形を確認しました(笑)。
このクリームがピリ辛でよいアクセントになっていましたね。
チャーシューは腐乳(豆腐を発酵させた食品)で煮込んだものらしいですが、すごく美味しかったです。
太めのメンマや豆苗も美味しかった。
前日食べた味噌と違い熱々ではありませんでしたが、店主のこだわりを感じられるレベルの高い一杯でした。
こちらもまた来たいお店ですね。
12/10の麺(其の壱)は、徳川町 如水@名古屋市東区(初訪問) の
煮卵ラーメン(塩)(800円)

この日は、早起きして、中京競馬場へ行って有馬の入場券買って、テンシノゴールド(ステイゴールド産駒)を応援して、吉牛食って…
となるはずだったのだが、なんかだらだらしてしまい、入場券は間に合わない時間になり、
さらにだらだらしていたらテンシノゴールド快勝…とすっかり自己嫌悪におちいったのですが、
ラーメンだけでも食いに行ってやる!と気を取り直して名古屋へ(発想がすでにデブw)

13時過ぎに店に入ると10人くらいの待ち。でも回転が速くてさほど待たずに席に通されました。
さてお味のほうは。。。ドキドキしながらスープを一口飲んでみます。
「?!?」薄い!と正直一口目は思いました。(^^;)
しかしながら、二口三口と飲むとその印象を吹き飛ばすように魚介系の味が出てきました。
いい味だなあ。麺は細麺。食感がいいです。メンマは普通に感じたけど、チャーシューは柔らかくて非常に美味しい。
煮卵はトロトロ~。もう少し白身にも味があったほうが好みだけど、このラーメンにはこれでいいんでしょう。
スープには結構脂が浮いていましたが、くどさはまったくなかったです。某ラーメン本にもあったように最後は動物系の旨みに襲われながら完食・完飲。
非常に上品なラーメンで美味しかったけど、たった一杯でこの店の魅力は語れなさそうですね。また通っていろいろ食べてみたいです。ごちそうさま。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。