どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
12/24の麺(其の弐)は、
中村屋@大垣市(18回目)の
つけめん味付玉子(730円)

クリスマスディナーはこういうことに(笑)
いつもの同行者の仕事が終わったのが、23時過ぎ。お店についたときは24時近かったですが、結構繁盛しています。

今日はいつもより少なく一玉にしました。(同行者は珍しく中華そば)
まずはいつもどおり、麺だけをずるずると。つづいてつけ汁だけを飲んでみます。
今日は、動物系が前面に出ていますね。魚介の風味は控えめです。
つけ麺は中華そばに比べれば動物系のダシ比率が高いのは知っていますが、それにしても濃ゆ目だなぁと思いながら食べていると、
ご主人が、「今日は失敗しちゃった」と一言。え?と聞き返すと「和風だしいじりすぎて失敗しちゃったんだよね~」との告白が(笑)
ダメだよ、一見さんがすぐ横で食べているのにそんなこと言っちゃ(爆)。
そう言われれば、今日の味つけも納得な感じですね。スープ割りをお願いすると、「だから失敗したって言ってるのにぃ」と言いながらも魚介スープを加えてもらえました。
スープ割りもいつもよりは確かに風味の拡がりがないように思えましたが、失敗のことを聞かなければ気づかないレベルで十分美味しく飲めました。
試行錯誤がつづいているんだなぁと思いつつ、「あまり無理しないで研究してくださいネ」と声をかけて店を出ました。「今のままで十分だよ」という保守的な気持ちも少し込めて(笑)
12/24の麺(其の壱)は、
Sugakiya@岐阜長良バロー(ここは初めて。スガキヤは数え切れない(笑))の
肉入りラーメン(350円)

夕方までろくに食べずに過ごしてしまったので、
夕食前に軽く食べられるものを、ということで
最初は味や@岐阜市長良へ向かったのだが、やってなかった(>_<)
(家に帰ってから調べたら通し営業は日祝だけだった(^^ゞつまりはまだ準備中だった)
で、気を取り直しておやつ感覚でSugakiyaへ。
ここのSugakiyaはまだ最近できたばかり。
まあ、味の評価は皆さん知っているでしょうから省略。Sugakiyaにありがちな麺茹ですぎってこともなく、おいしかったです。