どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/4の麺(其の参)は、
麺の坊 晴レル屋@大府市(初訪問) の、
つけめん(700円)+半熟味付玉子(100円)+ぞうすい(100円)
20060204-005


いまむらで軽く一杯食べた後、栄&名駅を少しブラブラしてから、いざJRに乗って大府へ。
駅から5分くらい歩くと晴レル屋がありました。席はカウンターのみで満席。5人待ちでした。

券売機で迷わずつけめんと味玉の食券は買いましたが、
ぞうすいを食べるだけの余裕があるかの判断が出来ずとりあえず保留に。

厨房内はご主人と男女1名の店員さんがいらっしゃいましたが、
ご主人を中心によくまとまってみえてテキパキと仕事をこなされていく姿はさすが人気店。

しばらく待って先に麺が、すぐ後につけ汁が出されました。
まずは麺から。うん、しっかりと水で締められてシコシコとした食感がいいです。
ただ味自体は個人的には華丸や中村屋の味の方が好きかなぁ。これは単なる好みの問題なので人それぞれでしょうね。

そしてつけ汁を一口。
!!!美味しい!!!これはやばい旨さです。甘みと酸味のバランスが絶妙。
旨味も風味も十分です。絶好調の時の中村屋さんに勝るとも劣らないと思えるほど。

具のチャーシュー、メンマ、味玉などはいずれも美味しかったですが、
チャーシューは少し噛み切れない部分がわずかですがありました。
また味玉は黄身の部分がほぼ固まってしまっていて半熟とは言えませんでした。ちょっと残念。

それを差し引いてもあまりに美味しいつけめんだけにあっという間に完食。
こうなると普通にスープ割りでもいいけど、せっかくなので試したくなって
追加で食券を購入してぞうすいにしてもらいました。

少しスープ割りをしたところにご飯を投入しているのかな?
ぞうすいもこれまた美味でたちまち完食。大満足の一杯!ごちそうさまでした。
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
2/4の麺(其の弐)は、
創作スープ麺 横浜 いまむら@名古屋市中区(名古屋麺屋横丁)(初訪問) の、
昭和の煮干ラーメン(700円)

20060204-004

(写真は大失敗です。お恥ずかしい)


15時半から17時までは講演会に参加。
その後、まだ足を踏み入れたことのなかった名古屋麺屋横丁の様子を覗いてみることに。
いかにもなテーマパーク風だなぁ。まぁそれはさておき、まだ17時台なので行列が出来たりはしていませんでした。
ぐるっとみて回ったら満州屋が一番さんはほぼ満席状態でした。

ハーフサイズくらいのラーメンがあるのかと思いきやどこも結構なお値段で提供して見えます(汗)
でもせっかくなので12日で閉店する店の1つ、いまむらを食べてみることにしました。
特製とはいえ950円も払う気にはなれず並の煮干ラーメンを選択しました。

地鶏と魚介系ダシを合わせたスープとのことですが、煮干ラーメンの名のごとく魚の風味が強いですね。一歩間違えれば魚臭いと言われかねないくらいです。
そしてかなり大きな円を描いてスープ上には脂が浮いています。
味はまぁまぁ。確かに個性は感じられるけど、これを700円払って食べたいとは思わないです。場所代も含まれているんだろうけど。。。

次があることもありましたが、スープを飲み干す気にはなれずごちそうさましました。
ちなみに先客3名、私が帰るときは客0人でした。
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
2/4の麺(其の壱)は、
らぁめん 翠蓮@名古屋市昭和区(今年:1回目/通算:2回目) の、
冬味噌(880円)
20060204-003


予定通り?1軒目にはフラレてしまいましたが、地下鉄1日乗車券を買ったためへこたれず次へ移動!
地下鉄を乗り継いで到着したのは杁中の翠蓮さん。
お昼時でしたが待たずに座ることが出来ました。

小さい塩らぁめんと冬味噌を食べようと思っていたのですが、
なぜか気後れして冬味噌だけを頼んでしまいました(笑)。
前回も秋限定の味噌らぁめん食べていますね。味噌好きな私的には全く問題ないのですが本来は定番メニューから食べるべきなんでしょうねぇ。

さて、お待たせしました、と出された冬味噌。見たからに美味しそう。
前回に引き続きお店のHPから勝手に引用させていただくと、
『三種類の味噌に中国の甘酒、酒醸(チューニャン)を合わせて
上品な甘みとコクを出しました。
そこにまぐろ節、焼きアゴ等のダシを練り込んだ
冬限定仕様の味噌らぁめんです。
濃厚な旨さをご堪能ください。』 
という内容になっておりますw

早速いただいてみると、、、これは美味しい!!
秋味噌よりも濃厚さが増しています。そして甘酒から来る甘さも甘すぎることなく魚の風味と相まってとてもよい感じです。
チャーシューやメンマの美味しさは変わらず。真ん中の挽き肉のような物(今回は舐めて原形確認をしなかった(笑))もいい味を出していました。

食べ終わり頃にようやく温玉を崩して混ぜ合わせましたが、これがまた激旨!
当然のごとく完食・完飲。体も暖まりました。
秋限定の味噌も独創的でとてもよかったけど、個人的には冬味噌の方が好きな味でした。
お隣さんが食べてた鯛茶も美味しそうだった。。。
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
20060204-001


噂の店に行ってみました。

20060204-002

あ~あ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。