どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/17の麺(其の弐)は、
中華そば 慈庵@名古屋市千種区(初訪問) の、
中華そば 味噌(750円)20060217-002

夕方5時前に池下の駅についたものの、胃が重たい。余り消化が進んでいないよう。
恐らく昼のラーメンの後すぐにコーヒーを飲んだのがよくなかったようです(>_<)

普段ならおなかがすくまで時間をつぶすところでしょうが、これから行く店はそうも言っていられません。
やむなくグルメな中世 古代ローマ帝国貴族の行為をして(詳細略)、お店に向かいました。
オープン10分後くらいでしたが、先客は3名。満席ではなくてよかった(笑)

塩、味噌、つけめんのどれにするか迷いましたが、結局自分の好みを優先させて味噌にしました。
しかし、噂には聞いていましたが本当に丁寧な仕事ぶりです。
一人分を小分けにして作っています。
チャーシューなんかは家庭用のガスコンロの魚焼グリルで温めて、
途中で中覗いて息吹きかけて、、、
そりゃ時間かかるわ(笑)
それでもオーダーから15分ほどで「お待ちどうさま」とラーメンが出されました。思ったより早かった(爆)
器のふちにかかっている黒いものは黒胡麻油と黒七味だそうです。
仕上げにふりかけているのが確認できました。
スープを一口。思ったほどの濃厚さはないけれど、味噌の味わいと魚介の風味があいまって非常にいい感じ。黒胡麻油の部分が混ざるとまた一段深い味わいになりました。
麺は平打麺で食感もよくて美味しいです。
チャーシューや味玉は悶絶!な旨さ。完璧です。

底の方からは細かく刻んだチャーシューや玉ねぎも出てきて最後まで飽きさせません。
実は味噌の味自体は微妙に私の好みの味からはズレるかなぁ、
と最初は一瞬感じたのですが、そんな感情は途中で吹き飛び(笑)
最終的にはこれを美味しいと言わないでどうする!と思った一杯でした。
もちろん完食・完飲。次は本来先に食べるべきであったであろう塩を食べたいと思います。
あぁ、でも、つけ麺も食べたいなぁ。体調さえ良ければ連食したのに。残念。
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
2/17の麺(其の壱)は、
らーめん 申家@名古屋市中村区(初訪問) の、
極担々麺ランチセット(800円)
20060217-001


今日は諸事情があって仕事は有給休暇を取得。
その諸事情は午前中で片が付いたので
そそくさと名古屋に出発。
既に13時半ごろだったので名駅周辺で昼食を、
ということで担担麺が美味しいと評判の申家さんへ向かいました。

混雑する時間帯は過ぎていたので先客は2名のみ。
若い女性が一人で食べていたので、つい「著名な方かな?」と思ってしまうのがラヲタ新参者の悲しい性(笑)
ごはんとおかずと杏仁豆腐がつくランチセットがプラス100円だったのでランチセットでオーダー。

しばらくして運ばれてきたラーメン。ラーメン本で見るよりも器は歪んで楕円形ですね(笑)
いきなり胡麻のいい香りが鼻をくすぐります。。
スープを一口飲むと、口いっぱいに胡麻の香りと旨みが拡がります。
そして驚くほどにクリィーミーマミ(違w 歳バレますね 笑)です。これは美味しい。
もう少し辛さがあるのかと思いましたが、辛さはあまり感じません。
麺を持ち上げたら、上に載っていた挽肉がスープの中に沈んでしまい、
挽肉だけの味を確かめられませんでした。
麺は中くらいの太さの縮れ麺。のど越しよく食べられます。
食べている最中に店員さんがバックヤードから麺の入った容器を出されていて、
そこには華丸でおなじみ太陽食品の文字がありました。なるほど美味しいわけです。
スープに沈んだ挽肉ですが、椎茸やたけのこ?などと餡で絡めてあって甘みがあって美味しいですね。
ランチのおかずは肉団子の甘酢かけ。普通においしかったです。
ごはんが少し乾燥しはじめていたのが少し残念でしたが、
100円でおかずとデザートまでつくので文句はありません。
辛さはあまりないといいつつ、食べ終わるころには汗かいていました(^―^;)
辛いより旨い担担麺を食べたいときにはここはいいですね。ごちそうさまでした!
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。