どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/3の麺は、
手打ちらーめん 真打一番@岐阜市(今年:2回目/通算:3回目) の、
白湯(650円)20060303-001

今日は同行者さんのリクエストで真打一番へ。
前回心に決めたとおり、白湯を注文しました。

出された器を見てビックリなのが、存在感たっぷりのチャーシュー。
厚さ1cmくらいはありそうです。
では、まずはスープから。んんっ!美味しい!
豚骨ベースのあっさりめのスープですが、甘みのあるしっかりとした旨味が出ています。
この店には勝手に「あっさりすぎる程あっさり」といったイメージが出来始めていたので、
これは嬉しい誤算。

麺はおなじみ手打ちの細縮れ麺。
最初に触れたチャーシューはパサついたりすることもなく、肉の旨味が出ていて美味しかったです。
その他の具は、もやし、ネギ、メンマ、ウズラの卵。
特に印象はなかったですが、欠点も感じませんでした。

麺の量的にもそんなに多くはないこともあってか、気がつけば完食・完飲していました。
この味で650円なら満足ですね。美味しかったです。

ただ、一緒に頼んだ鶏の唐揚げ(600円)は、皿の上にペーパーを引き、
その上に唐揚げを6コ載せただけの代物。
別皿に塩コショウは添えられたものの、キャベツの千切りはおろかレモンすらつかない。
これはちょっとどうかな、と思いました。

唐揚げはさておき、白湯は美味しかったのでまた来たい店に自分の中では昇格しましたね。
塩か醤油も試してみたいと思います。

住所:岐阜市西鏡島2-93-2
月曜定休
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。