どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月7日の麺は、
とんこつ専門店 麺処 新羽亭@大垣市(初訪問) の、
とんこつラーメン・白(600円)20071007-001

10月6日開店の新店です。6日の日に情報をいただいて、中村屋の帰り道に寄ってみたら22時過ぎでも営業していたけどお腹いっぱいだったのであきらめて、日を改めて今日行ってきました。

大垣市鶴見町のアル・プラザ鶴見(実際にはカーマの前くらい)
の北側の岐阜垂井線沿いにお店はありました。
お店の前に立ってみると「とんこつ専門店」の文字が。
店に入るとすぐ右手に券売機と給水機が置いてあります。
とんこつの白・黒の他にとんこつタンタン、とんこつカレー、つけ麺、それから季節限定のメニューなんかもあるみたいです(季節限定ものは売り切れ表示)。

とりあえずは基本の白の食券を購入。豚骨ラーメンだけあって程なく提供されました。

まずはスープから…。濃度はそれほど高くなく、万人向けのライト豚骨といった趣。

麺は極細とまではいかない細麺。
デフォの茹で加減は私には軟すぎました。あと、ちゃんとほぐされてなくて、一口目持ち上げたら、全部持ち上がった(爆) これはダメですよ。

食券制なので替玉はカウンターやテーブルに置いてあるショップカードの裏に、追加するものに丸をつけてお金と一緒に店員さんに頼むシステムです。
私の時は、それほど混雑していなかったので、口頭でOKでしたが。
替玉は、かた・普通・やわの3種類から選べたので、カタにしましたが、これくらいで私の感覚では普通くらいかな。ちょっとシャキシャキ感が出て先ほどよりは楽しめました。

具材は、チャーシュー1枚・味玉半分・海苔2枚、ネギにほうれん草?!味玉は黄身はトロトロでしたが、白身はほぼ味はありませんでした。

豚骨ラーメンはある程度時間が経たないと寸胴が馴染まないというか、濃度が出ないこともあると聞くので、今日の濃度が狙ってのものなのかはわかりませんが、また一月くらいしたら再食して食べ比べてみたいと思います。その前につけ麺とかも食べてみよう。
ごちそうさまでした。

とんこつ専門店 麺処 新羽亭
住  所:大垣市鶴見町489-1

定休日:火曜日
駐車場:なし(但し店の前に2台くらい停められそうなスペースはあり)
shinba-tei

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。