どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月12日の麺(其の四)は、
らーめん・つけ麺 いつ樹@東京都羽村市(初訪問) の、
鯛塩らーめん(680円)20071012-005

続いて、福生から電車で一駅の羽村へ。
今年の新店の中でも最注目株のひとつがこの店です。
『渡なべ』『六坊』で腕を奮ってきた方が独立されたということで結構話題になっていました。

看板メニューの鯛塩ラーメンを食券で購入。
師匠の店は濃厚な豚骨魚介系ですが、ここはいわゆる「鮮魚系」という括りに入れられたりしています。
器を前に差し出されると、鯛をはじめとした魚介のなんともいい香りが脳天を突き抜けます。
早速スープを味わってみると、若干の生臭さはあるものの魚介の風味がしっかり感じられ、鶏ガラのスープがそれを下支えしている感じです。素直に美味しいスープですね。
鯛はしっかり主張はしているんだけれどもやり過ぎ感がなく、よく洗練されていると思いました。
麺は自家製麺で、多加水の手もみ麺とのこと。こういうスープには幅広のビラビラっとした麺が合いますね。
チャーシューは炙ってあって単体では美味しいけど、スープとはもうひとつ合っていないような?メンマは大きく三角に切られていました。
なかなか美味しかったとは思いましたが、これなら絶好調のときの中村屋@大垣市の鯛ラーメンでも十分太刀打ちできると思ったりもして(^^ゞ(若干タイプは異なりますが)。といっても中村屋のは限定メニューだから比較対象外かな。
魚は通年で同じものが取れないので、季節によって使う素材を変えながらやってらっしゃるそうで、多少味は変わるんでしょうが、常に一定のレベルを維持し続けるのはなかなか大変だろうなぁと思いました。
次来る機会があれば、濃厚海老つけ麺を食べてみたいです(←食べたかったけどおなか一杯で断念)。ごちそうさまでした!



らーめん・つけ麺 いつ樹
住  所:東京都羽村市五ノ神4-7-3
定休日:月曜日
itsuki

スポンサーサイト
10月12日の麺(其の参)は、
ら~めん 雫@東京都福生市(今年:2回目) の、
鶏の雫(650円)20071012-004


『大垣の鶏白湯に想いをはせながら…』
今夜1軒目は3月に一度訪れた雫さんです。
今回は金曜からの遠征なので、水曜金曜限定の鶏の雫を食べるまたとない機会なので狙っていました。

奇しくも今日は鶏白湯がメインのラーメンとなる某店のプレオープンの日。
そこの味に想いを馳せながら、超有名店の味を堪能してきました。

まずはお詫びから。私より先に来ていた人のラーメンが出てきてなかったので、余裕こいてケータイいじってたら、いきなり私のラーメン出されたので、全く撮影の準備をしておらず、声かけるタイミングを逸してしまいました。
よって今回は無許可撮影です。お店の方ごめんなさい。

さてさて、やっとお目にかかれた鶏の雫。
トロっとしたスープは濃度がかなり高いです。味自体は無化調らしく控えめな感じ。ジワジワと旨味が伝わってきます。

麺はスープをよく持ち上げてくれて美味しく食べられます。
カウンター上には塩ダレを入れた容器と化学調味料が置いてありました。
「味が薄いと感じる方はお使いください」と書かれてありましたが、化学調味料の方には更に薀蓄が書かれていました。
個人的には塩ダレはもう少し加えた味のほうが好みだったかな。化学調味料は麺を食べ終えた後に、レンゲの上のスープに微量落として飲んでみたのですが、あまりの劇的な変化に笑っちゃいました。とてもわかりやすくはっきりとスープの旨味が増しました。
勉強になりました(^^ゞ

ところで前回にはなかったつけ麺がメニューに加わっていました。私の前に来た方はつけ麺を頼んで見えたので順番が前後したのですね(^_^;)
これも食べてみたいなぁ。また来ないと(*_*)
ごちそうさまでした!!

ら~めん 雫
住  所:東京都福生市福生1043-1
定休日:日曜日・月曜日
shizuku
10月12日の麺(其の弐)は、
中華そば ゼットン@東京都豊島区西池袋(初訪問) の、
つけそば 並盛(700円)20071012-003


続いて昼2軒目は、今年の新店ながら最近テレビに出たりして注目度が急上昇中のゼットンさんへ。
地図無しではたどり着けない、とかよく言われてるので、
さっき騙されたゼ○リ○のケータイナビは見捨てて、Navitime forD903iを頼りに向かいましたが、そんなに行くの難しいですか?!
意外とわかりやすいと思いましたが。
ただ池袋駅からほんの数分歩いただけであんな住宅街になったのにはちょっとビックリしましたが。

閑話休題。
13時半過ぎだったのでさすがに外にまで行列は出来ていませんでしたが、5人待っている人がいました。

ほどなく席が空き、つけそばを注文。並盛(250g)と中盛(320g)は同値段ですが、320g食べきる自信がなかったので素直に並盛にしました。

まず麺はかなりしっかりとしたコシというか固さがある麺。
自家製麺とのことですが、食感的には六厘舎とかTETSUを彷彿とさせるような麺でした。
美味しい麺ではありましたが、おなかすいてない状態ではなかなか食べごたえがあります(^-^;

つけ汁の方はなかなかのガッツリ系。麺の力強さをしっかりと受け止めています。若干酸味が強めでしょうか。最近王道の濃厚豚骨魚介系ですね(実際は鶏ダシが強いようですが)

途中でおなかいっぱいになっちゃってスープ割は断念しました。

おなかすいてたらもっと美味しく思えたかもしれないですね。
中華そばもいつか食べてみたいです。ごちそうさまでした!

中華そば ゼットン
住  所:東京都豊島区西池袋2-9-7
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)
zetton

10月12日の麺(其の壱)は、
麺屋 吉左右@東京都江東区東陽(初訪問) の、
つけ麺(300g)(750円)20071012-001

20071012-002

今日から久々の東京遠征~(^-^)

まず一軒目に選んだのは、行きたくてしょうがなかったお店、吉左右さんです。
工事中の東京駅で少しさまよい、木場に着いてからも、ケータイのナビに騙されて、目前まで来ながらまた迷ったりして、到着したのは開店30分前でした(T_T)
既に10人以上の行列が。残念ながらファーストロットなりませんでした。
時間通りに開店して私が店の中に入れたのは20分くらいたってからでしょうか

それから5分程でつけ汁→麺の順で出されました。

まず麺から味わってみるともちっとしていて適度な弾力もあり味も美味いです。
月並みな表現ですが麺だけでも美味しく食べれそうです。

つけ汁の方は噂どおりガツンと来る感じではないですが、
ずばり、美味しい(^q^)~です。

非常に高い次元でよくまとまっていて万人が満足できそうな感じでした。

300gある麺は@いう間になくなってしまい、スープ割を注文。
これがまたサイコーでした。

スープ割したからといって特別魚介の風味が強くなったという印象は受けませんでしたが、なんともまろやかな味となり口の中いっぱいに旨味が拡がって、まさに「至福」の一時でした(^-^)v

もちろん完食。期待通りの完成度に大満足の一杯でした。
ごちそうさまでした!!!!

麺屋 吉左右
住  所:東京都江東区東陽1-11-3
定休日:日曜日、第1・3水曜日
kissou

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。