どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月20日の麺は、
麺の坊 晴レル屋@大府市(今年:2回目/通算:10回目) の、
つけ郎(麺400g)(900円)(夜限定20杯)20080420-001

4月から始まった東西つけ麺決戦のうち訪問が遅れていた西の陣営にようやく初訪問です。
夜の部開店1時間前から早くも行列が出来る大盛況ぶりでした。
無料で増量できる上限である400gにしましたが、なかなかの迫力ですね(^_^;)
麺はあつもりで出されましたが、オーション100%の麺は、弾力もあり食べ応え十分。
つけ汁はかなりジャンク&ワイルドな味。醤油ダレにはたまり醤油にオイスターソースを加えたものだそうですが、タレを強く感じました。
加えて背脂などの脂もハンパなく入り食べ手を選ぶ感じです。初めて晴レル屋を訪れたという家族連れの方がいきなりつけ郎を食べてらっしゃいましたが、大丈夫だったかな?(^_^;)
最初はちょっと不安に感じましたが、食べ始めると強い味わい(ニンニクも入れてもらってます)に箸が止まらず意外と楽に麺を食べられました。食べ応え十分のチャーシューに野菜もたっぷり入っていたのでおなかはいっぱいになりましたが。
スープ割をお願いすると、ここで初めて「晴レル屋」さんらしい味わいが加わり、最後に来て美味しい!と(え゛)、つい、スープまで完食。
20080420-002

デフォのつけめんを押しのけてまで食べたい、とは正直思いませんでしたが、時々無性に食べたくなるような、まさに「二郎系」のツボを押さえた一杯でした。
ごちそうさまでした!



麺の坊 晴レル屋
住  所:大府市月見町1-297

定休日:月曜・第2火曜

お店のサイト
※店舗情報は訪問時のものです。お出かけの際は御自身でお調べの上お出かけください。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。