どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベガルタ仙台 1-1 FC岐阜

FC岐阜の得点者:片桐淳至!(5分)

前半早々に試合が動きました。自陣内で奪ったボールを受けた片桐→小島宏美へ正確なパスを出すと、ヒロミさんが右奥まで切り込み、相手DFを引きつけながら、片桐が上がってくるのをしっかり見て、絶妙なクロスを出し、完全フリーの片桐は合わせるだけ、で見事ゴール!
いやぁ、気持ちいいゴールでした。

そのまま85分耐え切れる…ほど相手も甘くはなかったです。その後は観ている方も胃が痛くなるような防戦一方。でも、小峰を中心としたDF陣の頑張りと、日野のファインセーブもあってなんとか凌いでいたのですが、後半に遂に1失点。
その後も猛攻が続いたのですが、終盤になって相手も疲れたのかカウンター合戦に突入。大友のスピード感に期待もしましたが、最後のシュートまでいけないシーンが多く、お互い追加点が奪えずにドロー。

相手の猛攻シーンを見ていると、よく耐えきったなぁ、という印象もありますが、終盤のカウンターを見ると「勝てた」試合だったなぁとも(前回と同じ感想ですな(^_^;))
仙台さんの試合をじっくり観たことはないのですが、あちらも相当な決定力不足に見受けられました。
新外国人さん登場の前の対戦でよかった(^^ゞ
岐阜の方はガチャの存在感の無さがやっぱり気がかりです…シュートシーンもあるにはありましたが、枠を捉えてなかったし。逆に大友は近いうちにやってくれそうな雰囲気はありますね。

それはそうと1万3000人の観衆・熱狂的な声援は素直に凄いなぁと思いました。実際に現地で観たら余計そう感じるんだろうな。アウェイとはいえ、選手の皆さんも燃えたんじゃないでしょうか。
FC岐阜もいつかあんな風になれたら…と思います。地道に支え続けることがそこに繋がると信じて応援を続けます!

次節はホームで水戸戦です。岐阜より下位にいるチームですが、7月には3勝を上げ、ここ2試合は連敗ですが、福岡相手に2-3と点も取っているだけに(しかし福岡は相変わらずカード多いのね…)
油断すると明らかに愛媛戦(5月3日)の二の舞となりそうな気がします。
気を引き締めて、「ホームで勝つ!」FC岐阜に期待したいですね!
eco-T
無事エコT入手(^O^)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。