どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
4/2の麺(其の弐)は、
はるばるてい@世田谷区経堂(初訪問) の、
支那そば(650円)20060402-003

続いて稲荷と駅の中間点くらいにあるはるばるていへ行ってみました。
これは個人的に惹かれるネーミングの店だったからです。
6人行列が出来ていましたが極めて回転が悪くて30分以上待ちました。
お店に入るとなんだかアットホームな雰囲気。
厨房内は50歳前後と思わしき男性二人でしたが、
ご主人(かな?)はレッチリのTシャツを、
もう一方はグレイトフルデッドのTシャツを着てらっしゃいました。
ロック好きなのかしら?奥にはギターもあったし。

お店に入って回転が悪い理由がわかりました。
ここ、カウンター8席しかないのですが、
ラーメン店でもあると同時に居酒屋風でもあるのです。
ラーメン以外にもおつまみのメニューや地酒も置いてあって常連さんで賑わっている様子。
随分外で待った割にはあっという間に出てきた支那そば。
スープを一口飲むと魚介系のあっさりとしたスープながら味わい深いもの。
麺は固めに茹でられています。いやちょうどよく茹でられているのかもしれませんが、
すごく強い食感があって美味しく食べられます。
チャーシューは赤みがかっていますが、これまたしっかりとした肉の味が感じられて美味しい。
お昼2杯目でしかも結構な量を食べた後だったので全部食べられるかな?と思いながら食べ始めたのですが、しっかり完食していました。
1杯目で食べたらもっと美味しく食べられただろうなぁと思いました。
ちなみにこのお店、支那そば以外にもワンタンめんなども人気なのですが、もうひとつ売りなのが、香麺。
隣に座った人が頼まれていて、食べ方の薀蓄が書かれた紙を渡されていたので、覗き見していましたが(笑)
麺とスープが別々に出てきてまずは麺だけを食し、途中でスープを入れて食べていくスタイルで
かな~りおいしそうでありました。
機会があれば再訪して食べてみたいと思います。

住所:東京都世田谷区経堂2-15-15
関連記事
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック