どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/26の麺(其の壱)は、
伊藤家の食卓@関市(初訪問) の、
伊藤家流塩らぁ麺(740円)20060526-001

今日は改めて白神@関市に出かけました。同じ失敗はしないように、と19時には着くように向かいましたが、今日は臨時休業の張り紙がありました(ToT)
昨日は営業されていた形跡はありましたが、つけ麺売り切れの看板や暖簾が出しっぱなしで真っ暗だったので気にはなっていましたが。。。何事もないとよいのですが。

さて、次の候補に選んだのは昨日フラれた伊藤家の食卓さん。私はリベンジしないと収まらない性格のようですね(笑)
塩らぁ麺を頼んで、他のメニューをしっかり見ようと思ったら下げられてしまいました(笑)
元々置いてあるんだからいちいち下げなくてもいいのに(笑)

ちょうど座ったところのカウンターの上に新聞の切抜きが飾ってあったので、読みながら待ちましたが、ご主人は20年ほど東京で洋食レストラン(フランス料理って書いてあったかな?)で腕を奮っておられた方のようです。
スープは6種類の素材を使った透明な和風ダシと鶏がらスープのWスープとのこと。
いろいろとこだわりがありそうで期待が持てます。

運ばれてきた器からはふわ~んと魚介のよい香りが漂います。
一面にネギが浮かび、チャーシュー、煮卵の他、わかめ、三つ葉、胡麻、そして梅干!がトッピングされています。
スープを飲んでみると、最初に感じられた香りほどの味は伝わってきませんね。かなりあっさりめのスープです。
麺は細めの縮れ麺で、あっさりめのスープには合っています。
特筆する存在だったのはチャーシューと煮卵。どちらも非常に美味しかった!煮卵自体にもちゃんとした味付があり、スープ自体のあっさり感を補っていました。
これなら煮卵らぁ麺にしたほうがよかったかなぁと思いました。
チャーシューも肉の旨味が感じられて満足。
途中で梅干をつぶしながら食べましたが、劇的には変わりません。でも適度な酸味が加わっていい感じですね。
私の舌が濃い味に慣れてしまっているからか、少しスープの味わいには物足りなさもありましたが、なかなか美味しい一杯でした。
どちらかというと女の子をターゲットにした一杯かな?そういえば前客、後客ともに女性でした。
次回は煮卵らぁ麺を食べてみたいと思います。

住  所:関市弥生町3-1-13
定休日:火曜日
関連記事
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。