どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8/27の麺(其の壱)は、
麺家 喜多楽@名古屋市中区(初訪問) の、
つけ麺(700円)20060827-001


解放!
今夜は1ヶ月くらい前から行く店を決めてありました。
喜多楽、ぎんや、それから撤退する生粋だったのですが、生粋は24日で閉店してしまったため、3軒目は未定です。

まずは喜多楽さんから。ぎんやさんからスタートの方が帰りを考えると効率的ですが、喜多楽さんの方が開店時間が早かったので。
店の近くの自販機の前で待機してシャッターでお店へ。
しばし悩んだ末、夏限定のつけ麺をオーダー。
北海道江別産の小麦「はるゆたか」を使ったという麺は口の中ではじかれるような強い食感があります。味も美味しくて食べる喜びを感じられる麺。
つけ汁の方は、表面に浮かぶ鰹の香味油がインパクト大。これだけで既に(^^♪状態です。
ベースとなっているのは動物系のスープですが、そのまま飲むには少~し濃いくらいの濃度はありました。
具はチャーシューとメンマと海苔とナルト。チャーシューは香ばしい香りもあってとても美味しく食べられました。
あっという間に、固形物は完食。後客の調理の合間をぬって、スープ割の有無を聞いてみましたが、厨房内のスペースの都合で、スープ割りはやっていないとのことでした。う~ん残念。
ということでつけ汁は3分の1ほど残してごちそうさましましたが、かなり美味しいつけ麺をいただけて満足でした。今昔支那そばも早急に食べてみたいなぁ。


住  所:名古屋市中区橘1-28-6
定休日:月曜日
関連記事
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。