どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/14の麺は、
らぅめん考房 ありがた屋@春日井市(初訪問) の、
しおらぅめん(700円)
ちゃーしゅうごはん(300円)20070114-001

20070114-002

今日のお昼はTokai Walkerのラーメン特集でも大きく取り上げられ、マニア諸氏の評判も上々の「エビしお」を食べにありがた屋さんへ。
ありがた屋さんは池下時代には訪れる機会がなく、春日井に移ってからも2~3度足を運んだことがあったものの、いずれも早仕舞いで未食のままでした。

結構早めに売り切れるという話はきいていたものの、到着できたのは開店から1時間近く経った頃…
しかも駐車場は満車で隣のコンビニでミネラルウォーター等を買って待機。その間にもどこからともなく人がやってきて中に入っていきます(T_T)
10分ほど待ってようやく車を停めることが出来て店内に入ってみると、

「あちゃ~!」ズラリと並んだ人人人。紙には10組以上の名前が書いてありました。
この時点で限定を食べることはムリかな?と思いましたが、とりあえず現時点ではまだ売り切れていない様子だったので素直に待ってみました。
2、30分?待ったところで、店員のお姉さんがなにやら看板を持って店の外へ。
後で確認したら、それはやはり「エビしお」売り切れの案内でしたが、その後もまだオーダーが通っていたのでもしかしたら…と思ったのもつかの間、無常にも私の5組前で売り切れました(*_*)

売り切れたというのはお店の方の会話でわかっただけで、店内で待っている客に対しての告知がなかったのはちょっと残念でしたね。
期待して待っていた人も多かったと思います(実際帰られた方も見えましたし)ので…

私は、「最初にデフォを食え!とラーメンの神様が怒ったのかな?」とポジティブに考えて(どんなんやww)そのまま待ち続け、トータル1時間以上待ってようやくカウンターに座ることが出来ました。
と思ったら、「後で水お持ちします」と言われたまま一向に水が出てきません。
やむなく声をかけたら、しまった!という顔をされたものの、無言で水をおかれました…
一声欲しかったな(苦笑)

さて、ようやく登場した通常のしおらぅめん。
器が置かれた瞬間から、魚介の香ばしい匂いにつつまれます。メニューの覚書には3種類の塩をブレンドしたとありましたが、塩ダレは強く主張しすぎることなく、魚介中心のスープをよく引き立てていると感じられます。
素直に美味しいラーメンですね(^^♪
ストレートの麺は細めでコシも感じられるものでした。大きく切られたメンマは味付・食感共に良好。チャーシューも柔らかで美味しかったです。
十分に満足できる味わいの一杯でした。

この繊細な味わいを壊したくなくて、一緒に頼んだちゃーしゅうごはんはラーメンを食べた後でいただきました。チャーシューは香ばしい香りがしましたが、どうせこれを食べるのなら50円増しで温玉を載せた方がいいと感じました。ちょっとこちらは余り好みの味ではなかったです。


さて、私の性格からすれば、リベンジせずにはいられない(笑)はずですが、果たしてどうなることやら…
しおらぅめん~追いエビ仕立て~は2月4日までです!

住  所:春日井市小野町4-123
定休日:月曜・第2火曜


その後、名古屋に向かい、今年初WINSで惨敗…
夜は翠蓮さんへ向かったのですが、酷い頭痛と胃の不快感に襲われて1時間ほど車内で寝ていたものの、回復の兆しが見られず、泣く泣く翠蓮さんを素通りして帰宅。夜は何も食べられませんでした。

関連記事
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。