どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4/8の麺(其の壱)は、
麺屋 轍@半田市(初訪問) の、
特製極太つけ麺(中盛)(1,000円)20070408-001

今日の昼はずっと以前より課題店だった轍さんへ。ご存知、鳥居式らーめん塾2期生の方のお店です。
この時期は梅塩つけめんが限定で出ているみたいですが、伺ったのが昼の部閉店間近だったからか売切れ表示。
とはいえ、今日の目的は極太つけ麺なので問題ありません。つい「小盛」の表示にだまされて(笑)「中盛」に、さらにはどうせならと特製にしちゃいました。「小盛」といっても麺は200gあるので(中盛は400g)十分なんですけどね。店の思惑どおりだったかも(^^ゞ

しばらく待って出された麺は見慣れた太さな感じでそれほど極太でもありませんでした(^_^;)ってことは普通のつけ麺の麺はもっと細いんですよね…
つけ汁の方は、大垣&各務原のような唐辛子の代わりに、六厘舎を意識したかのような魚粉(というか鰹削り粉)の山が出来ていましたが、スープの上にいきなり山盛りのため、写真を撮るときにはすっかり埋没w やっぱり下に海苔かなにか敷いておいた方がいいのでは?

なので、一口目から存分な魚介系の風味全開です。味自体は好みなのでいいのですが、途中で味を変化させる楽しみもあるといいのに。
魚介全開といってももちろん動物系の旨味もあり、タレが濃い目なのか濃厚な感じのするつけ汁ですが、かなり酸味がキツイです。正直ちょっとバランスが悪いように思えました。
麺の方はコシもある美味しい麺でしたが、このつけ汁では400gは個人的にトゥーマッチ。
200gなら美味しくいただけたと思います。
味玉は普通に美味しかったですが、特製にしてはビジュアルが寂しいなぁ…
最後はスープ割りでほぼ完食。
このお店はコンスタントに限定メニューを出されているので、知多半島方面に遊びに行くことがあれば限定狙いで再訪してみようと思います。ごちそうさまでした。



住  所:半田市天王町1-47
定休日:月曜日
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。