どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
8月17日 18:04 キックオフ @岐阜メモリアルセンター長良川競技場

FC岐阜 1-1 徳島ヴォルティス

FC岐阜の得点者: 大友慧!(80分)
fcgihu31-001

負けなくてよかった…
そんな試合でした。いや、正直に書くと負けを覚悟したほどでした(サポーター失格ですねw)
その直後に大友の気迫が産んだゴールに狂喜したのですが(^^ゞ

前半は、岐阜がボールを支配する時間も多く、悪くはなかったとは思います。相手のチャンスの芽も摘んでいたように思うし。
とはいえ、シュートには殆どつながらず凡戦の香りが漂いだした前半終了間際、ようやく初めての『ネットを揺らせ、ゆ~らゆ~ら♪』をしたかと思った途端、見事なカウンターを喰らい先制を許してしまいました(涙)

ハーフタイムを終えてピッチに現れた選手の中に大友の姿を見つけ、しかもそれがDFの小峯に変えての登場と気づき、とにかく攻める!の意図を感じたのですが……
実際は徳島がボールを支配することの方が多く、岐阜がボールを持っても、とにかくゴールの匂いがしない…
なんとも重苦しい空気が漂いだした中で生まれたのがとにかく走っていた大友選手のゴールでした!
正直興奮しすぎて(苦笑)、どんなゴールだったのか記憶が飛んでしまったのですが(^_^;)、ダイジェストを見ると、大友→菅→小島宏美→大友と渡っていますね。菅へパスを出すと同時にゴールへ向かって走り出し、小島に対してはパス出す場所を手で指示出しているのがわかります。小島もワンタッチでそれに応え見事なゴール!
最近の大友の動きを見ていたら、きっとゴールも近いなぁとは感じていたのですが、ホントによく決めてくれました。
ようやくこれで負けゲームの雰囲気を払拭し、スタジアムが一体となって勝ちを目指したのですが、時間が足りませんでしたね…。そのまま試合終了。

気持ちが感じられなかった水戸戦の後、善戦の鳥栖戦を挟んでの徳島戦。
第2クールから第3クールへ突入したとはいえ、1週間で劇的にチームが変貌するわけもなく良くも悪くも今の岐阜らしい戦いだったのかもしれません。これまでなら負けていたかもしれない試合を引き分けに持ち込んだ…そう、ポジティブに捕らえようと思います。
とにかく、シュートを打たなければ点は入りません。選手もそれはよくわかっているとは思います。
サポーターの立場としては、とにかく声援を送って選手をもう一歩後押しするしかないですね。

次節はアウェイで草津戦。次々節はホームで愛媛戦。ともに勝たなければ負け越しが決まってしまいます。
強い気持ちで臨んで欲しいですね。
fcgifu31-002

fcgifu31-003徳島サポーターのみなさん。後半は何故か人が増えてた(^_^;)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック