どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
土曜日に岐阜駅を出発する際、ちょっとだけ時間があったので、駅構内の本屋さんに寄ったら、
『ナイチンゲールの沈黙』が文庫本になって平積みされていたので、「暇つぶしによさそう」と思って上巻だけ買って出発しました。
ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)
(2008/09/03)
海堂尊

商品詳細を見る


映画化もされたチーム・バチスタの栄光の続編にあたる小説です。
チーム・バチスタは読み出したら止まらなくなってあっという間に読んだ記憶がありますが、やはりこの作家さんは軽快な文章を書かれますね。
結局上巻は読みきってしまい、帰りの尾道に途中下車した際に下巻も買ってしまいました。
ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)
(2008/09/03)
海堂尊

商品詳細を見る

事件の真相みたいなものは、かなり早い段階で察しがつくので意外性とかはなかったけど、それなりに楽しめました。
結局下巻も大阪に着く頃には読破しちゃいました。

この物語と同時進行で展開するアナザーストーリーのジェネラル・ルージュの凱旋がかなり評価が高いみたいなので、これも読まないとなぁ。文庫本で出るのはもう少し先かな?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック