どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月18日の麺は、
鳥そば 真屋@大垣市(今年:2回目) の、
あごのダシそば味玉付(700円)20071018-001




鳥そば 真屋
住  所:大垣市熊野町4-6
営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00(スープ切れ終了)

定休日:未定
makotoya

10月16日の麺は、
鳥そば 真屋@大垣市(初訪問) の、
鳥そば味玉付(700円)20071016-001
(味玉なしは630円です)

大垣市にまた新店登場です!
しかも今回は1年ほど前から中村屋&中村商店の店員さんだった方が独立されたお店。
メインで出すのは鶏白湯!
腕も指導力もある方だっただけに期待して行って参りました。
21時半ごろの訪問で、事前宣伝は皆無に等しかったにも関わらず2名の先客がいらっしゃいました。

券売機で看板メニューの鳥そばの食券を購入。他にアゴだしそばもありました。
しばらくして出された鳥そば。器の淵の方のスープは結構泡だっていて濃厚さがうかがえます。ビジュアル的にも美味しそうです。
早速味わってみると、なにか鯛のような風味を感じました。確認はしませんでしたが、何らかの香り付けがしてあるのかもしれません。

スープはトロっとしていてなかなかの濃度があります。食べ進めていくと鶏本来の甘みのある旨味が溢れ出てきました。
麺は中太のほぼストレート。スープとの相性も良かったと思います。
具の中では刻んだタマネギがいいアクセントになっていました。
チャーシューはかみ締めるごとに肉の旨味が溢れ出て美味しかったです。穂先メンマや味付玉子も文句なしの美味さ。
あっという間に完食!濃厚すぎず、さっぱりすぎずの鶏白湯で美味しかったです(^^♪

店主さん曰く、現時点での味はプロトタイプとして、ここからどんどんと味を発展させていきたい、と真摯に語っておられました。
今後の展開にも期待がもてそうです。ごちそうさまでした!!!


鳥そば 真屋
住  所:大垣市熊野町4-6
営業時間は固まっていないようですが、:11時30分~14時
17時30分18時~22時(スープ切れ終了)です。
19日(金)より昼営業開始予定とのこと。
定休日:未定
makotoya

テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
10月8日の麺(其の壱)は、
とんこつ専門店 麺処 新羽亭@大垣市(今年:2回目) の、
とんこつつけめん(750円)20071008-001

20071008-002

つけ汁はかなり小さめの器に入れられて登場(足りなければ追加できるみたいです)。
美濃豆乳が使ってあるというつけ汁の味自体は悪くはないです。よくいえばちょっと中村屋の白つけめんのつけ汁っぽいという感じですが、しゃぶしゃぶ用のごまだれっぽい味ともいえるかも(爆)
器のふちに3種類のペースト状のものが載せられていましたが、ひとつはカレー風味、後のふたつは辛かったです(どう違うのかはよくわかりませんでした)
麺は、通常のとんこつラーメンと同一?と思ってしまう細麺で登場。2玉分って感じですね(汗)
厨房内に「山北製麺」の麺箱が置いてありました。大垣の製麺屋さんみたいです。

ちょっとネットで調べてみると美濃豆乳は結構高価な豆乳ですね。これが値段を吊り上げているのかな?!750円はちょっと…

当然そのまま帰るわけにもいかず…以下続きます(^_^;)

ごちそうさま。

とんこつ専門店 麺処 新羽亭
住  所:大垣市鶴見町489-1

定休日:火曜日
駐車場:なし(但し店の前に2台くらい停められそうなスペースはあり)
10月7日の麺は、
とんこつ専門店 麺処 新羽亭@大垣市(初訪問) の、
とんこつラーメン・白(600円)20071007-001

10月6日開店の新店です。6日の日に情報をいただいて、中村屋の帰り道に寄ってみたら22時過ぎでも営業していたけどお腹いっぱいだったのであきらめて、日を改めて今日行ってきました。

大垣市鶴見町のアル・プラザ鶴見(実際にはカーマの前くらい)
の北側の岐阜垂井線沿いにお店はありました。
お店の前に立ってみると「とんこつ専門店」の文字が。
店に入るとすぐ右手に券売機と給水機が置いてあります。
とんこつの白・黒の他にとんこつタンタン、とんこつカレー、つけ麺、それから季節限定のメニューなんかもあるみたいです(季節限定ものは売り切れ表示)。

とりあえずは基本の白の食券を購入。豚骨ラーメンだけあって程なく提供されました。

まずはスープから…。濃度はそれほど高くなく、万人向けのライト豚骨といった趣。

麺は極細とまではいかない細麺。
デフォの茹で加減は私には軟すぎました。あと、ちゃんとほぐされてなくて、一口目持ち上げたら、全部持ち上がった(爆) これはダメですよ。

食券制なので替玉はカウンターやテーブルに置いてあるショップカードの裏に、追加するものに丸をつけてお金と一緒に店員さんに頼むシステムです。
私の時は、それほど混雑していなかったので、口頭でOKでしたが。
替玉は、かた・普通・やわの3種類から選べたので、カタにしましたが、これくらいで私の感覚では普通くらいかな。ちょっとシャキシャキ感が出て先ほどよりは楽しめました。

具材は、チャーシュー1枚・味玉半分・海苔2枚、ネギにほうれん草?!味玉は黄身はトロトロでしたが、白身はほぼ味はありませんでした。

豚骨ラーメンはある程度時間が経たないと寸胴が馴染まないというか、濃度が出ないこともあると聞くので、今日の濃度が狙ってのものなのかはわかりませんが、また一月くらいしたら再食して食べ比べてみたいと思います。その前につけ麺とかも食べてみよう。
ごちそうさまでした。

とんこつ専門店 麺処 新羽亭
住  所:大垣市鶴見町489-1

定休日:火曜日
駐車場:なし(但し店の前に2台くらい停められそうなスペースはあり)
shinba-tei

5/22の麺は、
豚骨力麺家@大垣市(今年:2回目) の、
豚骨つけ麺(750円)20070313-001

※画像は前回のものです。

今夜は中村屋@大垣市へ行ってみれば、なんと今日から3日間お休み!
月末に休むようなことは聞いていたけどまさか今日からとは(苦笑)
店頭の貼り紙には「ラーメン食べ歩きのため」と正直にお休み理由が書いてありました(笑)ケンシロウさんらしい(^_^;)
GW無休で営業されたのでその代休ですね。東京方面で2日で10杯くらい食べてこられたそうですよ。
中村商店も当然休みだったので豚骨力麺家へ。

メニューにつけめんの文字がなかったので、「え?!」と思ったのですが、別のメニュー表の方に書いてありました。
つけ麺はまとまった味付にはなっていましたが、オープン当初の楽麺家ほどの濃厚さはない感じでした。今日のだとりょうまの白らぁめんに近いような味わい?!でも個人的には嫌いじゃないんですけどね(^^ゞ
もう少し麺に存在感があると嬉しいなぁと思いながら、無料のキムチをつけ汁に放り込んだりして完食。ごちそうさま。


豚骨力麺家
住  所:大垣市貝曽根町621-1
定休日:なし
営業時間:11:00~深夜0:00
3/13の麺は、
豚骨力麺家@大垣市(初訪問) の、
豚骨つけ麺(750円)20070313-001

昨日中村商店に行ったのは同行者さんのリクエストだったので、今日は私のわがままを聞いてもらって中村屋さんへ。

だがしかし!!
21時40分頃に着いたにも関わらず外の電気は消え、店内も薄暗い。だいぶ早く早仕舞いしちゃったみたいです。・゚・(ノД`)・゚・。

ということでまだ未訪の民堪屋に行ってみようかと思ったけど、
ネット検索してみたら火曜定休と出てきたので(手元のオレイユには月曜定休と書いてあるけど?)、ここもあきらめて、先週木曜にオープンした力麺家に来てみました。
くねくねの新形態のお店で、○楽こと豚骨楽麺家@岐阜市正木に続くオープンです。

21号沿いという抜群の立地もあってか、店内は満席状態で、少し待ってからお座敷席に案内されました。
○楽にいらっしゃった店員さんも見受けられます。
「わざわざこちらまでスイマセン」とか言われましたが、中村屋にフラれたとは言えませんでした(苦笑)

メニューは名前が違いますが、基本的には楽麺家と同じです。
豚骨つけ麺はまんま○楽つけめんですね。濃厚な豚骨スープに節系の香り付けをしたつけ汁です。
麺は楽麺家同様、細麺と太麺から選べます。もちろん太麺にしましたが、それほど太くはないです(爆)

つけ汁にタマネギの刻んだものが入っているのが違いますが、楽麺家に最近行った同行者さんの話ではあちらにも入るようになったみたいです。

スープ割りはやはり2人分まとめて豚骨スープが出てきましたが、このスープ焦げ臭かったです。てか焦がしちゃったんでしょうね(^_^;)
焦げ臭いのはいただけなかったですが、真面目にお店でスープを採っているのはわかってよかったです(^^ゞ

大垣の人は中村屋でつけめんを食べている人も多いでしょうから、ここのつけ麺をどう評価するのか楽しみでもありますね。スープ割りに豚骨スープはビックリするのかな(笑)

まずまず美味しかったです。ごちそうさまでした。
RIKIMENYA


住  所:大垣市貝曽根町621-1
定休日:なし
営業時間:11:00~深夜0:00
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
11/16の麺は、
九一麺 本巣店@本巣郡北方町(今年:6回目) の、
海老味噌(1000円)20061116-001


2ヶ月ほどの限定営業といいながら、既に4ヶ月目に突入している九一麺さん。
まぁ、選択肢が多いのは嬉しいことです。
ちょっとご無沙汰のうちに、以前はなかった海老味噌ってのがあったので(1日限定20杯)、少し値段は張りますが試してみることに。

真ん中に海老天が載せられているだけかと思ったら、どうやらスープの方にも海老油かなにかが入ってるようです。

それはともかく……
肝心の海老天、かじってもかじっても身がない!!
遂には分解して(笑)調べてみましたが、尻尾に衣がついているだけの状態でした
(-“-)ナンジャコリャー
なんか詐欺にあったみたいな気分。
私の一杯で海老味噌は売り切れだったみたいなので、クレームをつける気にもならず、お店を後にしました。グスン。

ちなみにこんな企画をやっている様子。(註:11/16現在の情報です)challenge

カテキンさんいかがですか~?(笑)

住  所:本巣郡北方町平成6-1
定休日:なし?
営業時間:11:30~23:30
11/14の麺(其の壱)は、
麻麻@瑞穂市(今年:2回目/通算:6回目) の、
醤油ランチ(750円)20061114-001


今日は有給休暇を取得したので、珍しく昼もラーメンです。
普段行けないところ…と考えていたら、麻麻のランチを食べたことなかったと思いつき、やってまいりました。

前回は塩を食べたと思うので今回は醤油にしてみました。おかずは唐揚げを選択。
醤油ラーメンは雑味のない味わい深い一杯。ここのラーメンは塩が一番と思っていましたが、醤油もいいなぁ。
麺、チャーシュー、味玉、メンマのいずれの出来も良好。
唐揚げの他に煮物、漬物、ライスがついて750円はお得としかいいようがないですね!
ごちそうさまでした!


住  所:瑞穂市別府1093-1
定休日:木曜日、第3日曜日
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
10/7の麺は、
麺味(メンウェイ)@大垣市(初訪問) の、
五目ワンタン麺(800円)20061007-001
(ピンボケご容赦)

今夜は旅の帰り道に麺味に連れてきていただきました。
大垣の方なら知らない人はいない?という満留美直営のお店です。

このお店イチオシという五目ワンタン麺をオーダーしました。
スープは白く色づいていて、あっさりとしながら野菜や魚介の味が染み出ていますね。
麺は自家製麺になったと貼紙がしてありましたが、ヤワヤワで力なくて残念な感じ。
ワンタンはそれなりに肉の旨味もあったので、これならワンタンだけでもよかったかな~
野菜はシャキシャキしていましたが、中華なべの臭い?が移っていたのが気になりました。

などと書くのはこれくらいにしておいて。
この日はみんなで楽しく一日を過ごせて、楽しく食事ができたことがなによりでした。
味云々よりこのひとときを大切に胸に刻んでおきたい、と思いました。


住  所:大垣市今宿4-32-1
定休日:なし
9/6の麺(其の弐)は、
九一麺 本巣店@本巣郡北方町(今年:5回目) の、
九州塩豚骨ラーメン(650円)20060906-002

さて、ぎんやさんからの帰り道、やはり仕事を終えたいつもの同行者さんから連絡がありました。判断は正しかった…(^_^;)
岐阜へ帰ってから合流して抜け駆けを責められながらも、同行者さんの晩御飯にお付き合いすることに。
中村屋かと思いきや、九一麺を希望されました。
ということでまだ未食の塩豚骨ラーメンを食べてみることに。
あっさり味であるのは容易に想像ついていましたが、これは予想以上のアッサリ度です。
一時期、治朗で塩豚骨ラーメンを提供していたことがあって、2度ほど食したことがあったのですが、それは確かにあっさりとはしつつも豚骨ラーメンらしさは残していましたが、
今日の一杯は既に豚骨ラーメンらしさを感じないほどのあっさりさっぱりなお味です。
豚骨ラーメンとして考えると物足りなさがあるかもしれませんが、個人的には意外に悪くないなぁと思ったお味でした。
豚骨気分じゃないときでもこれなら楽勝で食べられるんじゃないでしょうか。

住  所:本巣郡北方町平成6-1
定休日:なし?
営業時間:11:30~23:30
7月29日から約2ヶ月の限定営業

テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。