どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/24の麺(其の四)は、
ジャンクガレッジ@品川区大崎(初訪問) の、
まぜそば(750円) ベビースター(50円)20070324-004

夜の部は、もちろんジャンクガレッジへ。
昨年、私があまりの美味さに悶絶した「六厘舎」さんが、今年に入って同じ建物の隣に出店したまぜそば専門のお店です。
20時15分頃に訪問してみれば、行列はなく店内にも3人ほどお客さんがいるだけでしたのですぐ座ることが出来ました(^^♪

「新麺」の表示もありましたが、初めてなのでもちろん「まぜそば」の食券を購入。あと「ベビースター」も(^_^;)有料トッピングでは「スジャータ」とかもありました(笑)

無料トッピングは「にんにく」「チーズ」「焦がし」「節(ぶし)」「アブラ多め」「課長(旨味調味料)」からお好みで選べます。
最初は「課長以外全部」にしようと思っていたけど、厨房内の貼り紙に「チーズ 後半くどくなります」「節 微妙です」とか書かれていたんで悩んじゃって(^_^;)、
結局「にんにく」「チーズ」「焦がし」の3つを入れてもらいました。
後から来て何を入れるか悩んでいたお客さんには店員さんが「無料トッピングは全部入りをオススメしています」って言ってましたが(ヲイw

さて、しばらく待って登場したまぜそば、食べる前にいきなりかなりのにんにく臭に襲われます。
う~ん、これはよくないかも、ということで、にんにくは端に寄せて少しずつ混ぜて食べることに。
過去少ないながらも食べたことのある混ぜそばは麺が温いか冷たいかでしたが、ここの麺は熱々でした。その麺は噂どおり太さが不揃いで、細い麺とかなり幅広な太麺が混ざっています。太麺は食べ応えありました(^_^;)
よ~くまぜまぜして食べると食欲を刺激するなんとも言えない旨味が口の中を支配して、わしわしと食べ続けねば!って感じになります(笑)

個人的にはチーズのトッピングがツボでした。「後半くどくなります」に騙されなくてよかった(^^ゞ(元々チーズ大好きですからね)
追加したベビースターは味がどうこうというか食感が加わってジャンクさのお手伝いをする感じですね。
気づいたら、端によけてたにんにくもほとんどなくなってました(爆)

確かにジャンクな混ぜそばでしたが、美味しく完食。無料トッピング、有料トッピングの組み合わせでかなり味わいは変わりそうです。本当なら何度か通って自分好みの一杯を見つけたいところ。通える人がうらやましい。
もし次回があれば、チーズ有料追加してみようかな~(←さすがにくどいだろ(ーー;))にんにくはもう少し少なくてもいいけど…
お店を出て早速向かいのローソンでブレスケア買いました。この店ブレスケアの売り上げ伸びてそう(^_^;)
ごちそうさまでした~~!!


住  所:東京都品川区大崎3-14-10
営業時間:18:00~22:00ごろ(品切れ終了あり)
定休日:火曜日日曜日
Junk Garage

※4/15以降メニューに変更があるみたいです
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
3/24の麺(其の壱)は、
一蘭 アトレ上野山下口店@東京都台東区上野(初訪問) の、
ラーメン(750円)20070324-001

今年の春も18きっぷを使っての上京。
うまい具合にムーンライトながらの指定席も取れたので早朝に東京に着きました。
ということで朝ラー行きましょう(笑)

4月に名古屋にも進出する一蘭ですが、未だ食べたことなかったので名古屋進出前の予習ということで?お邪魔してみました。
朝5時半前だというのに結構お客さんいますね(^_^;)さすがにカウンター席は一部閉鎖していましたが。
食券を買って、カウンター席へ。テレビとかでも見慣れた仕切りのある「半個室状態」です。でも狭っ苦しい(*_*)
カウンターには好みのオーダ用紙があって、自分好みの一杯にカスタマイズできます。
ちなみに今回は初食ゆえに、以下のようにオーダーしました。
味の濃さ:「基本」
こってり度:「基本」
にんにく:「少々」
ねぎ:「青ねぎ」
チャーシュー:「あり」
秘伝のたれ:「基本」
麺のかたさ:「かため」

食券とオーダー用紙を店員さんに渡してしばらくしてラーメンが運ばれてきました。
早速スープを味わってみると、それほど濃厚ではないけれどそこそこ旨味も感じられる豚骨スープです。
秘伝のたれとは唐辛子ベースの辛味で、これを混ぜていくとピリッとした辛さが加わってこの味もなかなか悪くありませんでした。
朝から替玉はやばいかもな、ということで自粛しましたが半替玉くらいならしてもいいな、とは思ってしばし悩みました(笑)
今回食べてみて、名古屋で食べるならこってりか超こってりにしようと思いました。それなら結構好みに近づきそうです。
ただ、ちょっと高いのが難点かなぁ。替玉1回した時点で900円ですからねぇ。
とはいえ名古屋進出は楽しみですね(^^♪ごちそうさまでした。




住  所:東京都台東区上野7-1-1
24時間営業
定休日:なし



6/4の麺(其の参)は、
なんつッ亭 弐@品達ラーメン 麺達七人衆(初訪問) の、
らーめん(680円) 20060604-004

今日はWINS渋谷に出没したとかしないとか(笑)
安田記念は思いきって、香港馬2頭(ブリッシュラック・ジョイフルウィナー)とオレハマッテルゼの3頭だけの3連単BOXで勝負。朗報は待ってなかったですね(*_*)
フェアリーキングプローンで大儲けしたときが懐かしい。。。

それはともかく、この3日間歩き回ってもう足が限界。さらに食べ歩いて帰ろうとも思っていたのですが、品川まで帰ってきました。

でも、やっぱり麺達に来てしまうところがボンクラですね(笑)
着いてみるとやはりなんつッ亭・弐だけが行列。他の店はほとんどお客さんがいなくて客ゼロの店もありました。
そのなんつッ亭もパッと見10人くらい並んでいるだけに見えたので、豚骨ラーメン屋だし回転も早いだろうと並んでみました。
しかーし。実は行列は店内まで続いていて、実際は20人は並んでいたことが後になってわかりました。
さらに回転がよくなかったです。原因は店側のオペレーションに起因するところも大きいと思います。
席についてかららーめんが出てくるのに10分かかりました。実際には店内で並んでいる時点で食券を確認されたので、さらにその5分以上前にはオーダーが厨房に伝わっていたはずですが。
まぁ、あの行列の半分は作られたものですね。

マー油が全面に散りばめられているので、真っ黒に見えますが、見た目ほど濃厚&くどくはないです。
豚骨スープはそこそこ旨味とコクも感じられ、マー油の風味とあいまって美味しく食べられます。
麺や具は完食、スープはある程度残しました。行列がなければまた再食してみたいかな、というのが感想です。和風とんこつつけめんが気になりました。

住  所:東京都港区高輪3-26-20
定休日:なしnantuttei
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
6/4の麺(其の弐)は、
瞠 miharu@豊島区東池袋(初訪問) の、
ラーメン(700円)20060604-003

さて、しばらくHMVと東急ハンズをぶらついた後、瞠へ向かいました。
渡辺樹庵氏プロデュース店として知られていますね。行ってみようと思ったのは、それが理由というよりは濃厚魚介ラーメンという肩書きに惹かれたからです。
まだお昼のピーク時だと思いますが、行列が出来ている様子もなく「?」と思って一度通り過ぎて裏の道に回ったら、「我空」といういかにもおしゃれっぽいラーメン店がありました。
気になって京ぽんでググってみたら「俺の空@高田馬場」の関連店みたい。こちらも行列が出来ているほどでもなかったので、やはり元に戻って瞠に入店。
行列はなくともお客さんは入っていました。私の後のお客さんはしばらく待っていましたし。
つけめんも気になったけど、さっきたっぷりつけめん食べたので(ーー;)、ここはラーメンをオーダー。
客席からは厨房は全く見えず、どんな人が作っているのかすらわかりませんでした。

早速スープを一口。看板に違わぬ濃厚な魚介の味わいにニンマリ。
豚骨系とのダブルスープだと思いますが、鰹節を中心とした魚介の風味が前面に出ています。
麺は結構太めのストレート麺ですが、スープとの絡みも悪くないです。
メンマが極太で味もしっかりとついていてインパクト大。チャーシューや海苔も美味しい。

濃厚魚介ラーメンと聞いた時に想像した味どおりの味わいではありましたが、天然素材だけでこれだけの濃度・旨味を出すのは結構大変ではないかと思います。
私はこういう味は大好きなので、文句なく完食・完飲しました。ごちそうさま!

後になってぴあのラーメン本にクーポンついているのに気がつきました。味玉トッピングしてもらうんだった。。。

住  所:豊島区東池袋1-31-16
定休日:無休
miharu
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
6/4の麺(其の壱)は、
大勝軒@豊島区東池袋(初訪問) の、
特製もりそば(650円)
20060604-00120060604-002

さて、滞在最終日。ホテルのフロントのお姉さんの笑顔に癒されながら、チェックアウトを済まし、向かうは池袋。
本音を言えば99.99%再度六厘舎のつけめんを食したかったのですが、
そこはぐっと堪えて予定通り大勝軒を目指しました。
ご存知山岸一雄さんのお店としてラーメン好きなら知らない人はいないと思われるほどですが、
遠からず再開発のため閉店(移転?)を余儀なくされるということなので、食べられるうちに行ってみたかったのです。
一応11時の開店時間より早く着きましたが、7,8人の行列が出来ていて、
しかも青空大勝軒では既に食べている人もいたので、時間を繰り上げてオープンしていたようです。
行列が出来ているということはすなわち満席ということですね(―_―)!!

10分ほど待ったところで、店員さんから「あちらでしたら待たずにお出し出来ますけど」と声をかけられ、通されたのは青空大勝軒(笑)
写真を撮り忘れましたが、店の向かいの道路端にテーブルと椅子が置かれていて、そこでも食べられるようになっているのです(ネットで調べれば画像すぐ見つかると思います)。

言葉通り座ってまもなくつけめんが運ばれてきました。
麺の量はラーメン本では260gと書かれていましたが、どう見てももっと多いように感じますね(^^ゞ
その麺は中太の自家製麺で、もっちりとした食感がありました。
つけ汁は、甘み酸味が強く出て辛味は控えめの大勝軒といえばこの味!という感じでした。
岐阜の大勝軒のつけ汁よりも旨味がしっかり出ているように感じました。美味しいです。
チャーシューはかなりおおぶりのが2枚入っていましたが、パサパサで食べるのに苦労しました。
この日の麺の出来はどうだったのだろう?正直これだけの量を食べさせるには力不足かなぁと思ってしまいました。
実際半分強食べたところでちょっと箸が動くのが鈍り始め、残り3分の1は義務感で食べましたww
ここの麺を大絶賛するレポートもいくつも見ていますので、単純にブレだったのか?
底にたまった水のせいで麺が美味しくなくなってしまっていたからか?はっきりわかりませんが。あ、底からは焦げた麺?も出てきました。
それでもつけ汁の美味さなどはさすがで伝統店の実力を見た気はしましたが。
やっとの思いで完食したのでスープ割りはせず、少しスープも残してごちそうさましました。

住  所:豊島区東池袋4-28-3
定休日:水曜日

taishoken

6/3の麺(其の弐)は、
九段 斑鳩@千代田区九段北(今年:2回目) の、
煮玉子らー麺(750円)20060603-004

さて、その後WINS後楽園に出没したようなのは気のせいでしょう、きっと(笑)
この日のメインレースである(?!)中京8Rかきつばた賞で、ステイゴールド産駒2週連続ワンツーを見届けてから(もちろん馬券は単・複・馬単でゲット)、再び九段斑鳩へ。

15時頃の訪問なのでさすがに行列のピークも過ぎているだろうと思いきや、長~い行列が。
数えてみると昨夜より多い31人も並んでいました(>_<)
並んでいる最中は、前の初老のご夫婦がとても気さくなお方で、前に並んだカップルさんといろいろお話されていたので、楽しく過ごせました。途中で少し輪に入れてもらいましたが、2日連続で食べに来たと話したら驚かれました(笑)
まさか岐阜から来ているなんて思わなかったんだろうな~(^^ゞ

さて、食べたかった塩本鰹らー麺ですが、今日も売り切れ(T_T)店員さんいわく開店2時間ほどで売切れてしまうそうです。残念。
ということで今日は煮玉子らー麺にしました。

昨日食べた和の塩と比べるとあきらかにこってりとした味わいです。
とはいえやはりじんわりと旨味が伝わる優しい味であることには変わりありません。
麺は今度は中太の縮れ麺。スープとの相性は抜群で実に美味しく食べられます。
チャーシューや煮玉子の美味しさも変わらず。

これまたハイレベルな一杯でペロリと完食・完飲。
今日も昨日と同じメンバーでの営業で坂井さんのお顔を拝見できなかったのが残念ですが。。。
ごちそうさまでした!

住  所:千代田区九段北1-9-12
定休日:日曜日
ikaruga2

テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
6/3の麺(其の壱)は、
六厘舎@品川区大崎(初訪問) の、
つけめん(750円)20060603-00120060603-002

今日の1軒目は昨年の4月18日にオープン以来、大行列がとぎれないという噂の店六厘舎へ。
10時50分にお店に着くと既に座って待っている人が4人。
おぉ、さすがだなぁと少しお店の外観を眺めていたら、すぐに一人並ばれたので、あわてて列に加わりました(笑)
それから数分後には行列は10人を超え(あぶなかった!)オープンの11時半には30人以上の人が行列を作っていました。

開店少し前にお店の人がオーダーを取りに来ました。
どうやら今は総入れ替え制となっていて、最初の12人が食べ終わって出てきたら次の12人を店内にいれるという感じのようです。
しばらく待ってつけ汁が、続いて麺が出てきました。
つけ汁は、ぴあのラーメン本などで見るより随分と量が少ないです。

まずは麺だけをモグモグと。かなりの極太麺です。実に見事な茹で加減、食感・味共に文句ありません。麺だけでも美味しく食べられます。
そして、つけ汁に浸して食べてみると、、、
!!!悶絶!!!激旨!!!
!!!感動!!!絶句!!!

やばいです。美味すぎます。もうみんな黙々と夢中で食べています(笑)
つけ汁はドロっとしているくらい濃厚なもので、豚骨&鶏がらの旨味と節系の味わいがこれでもか!と伝わってきます。
特筆すべきはこれほどまでに魚介系の味わいが強いのにえぐみ等が一切感じられないこと。
かつおの粉を溶かし込んでいくと更に魚介の風味は強くなりますが、美味しいことに変わりはありません。

ひとつだけ気になったのはつけ汁がやや冷めてきた時、麺から少し臭いを感じたのです。
もしかして水で締めたときの水道の臭いかなぁとも思ったのですが、
当然浄水器かなにかは使っているでしょうし、臭いを感じたのは一瞬だけだったので、
私の鼻がおかしかっただけかもしれません。次回食べたときに感じなければ勘違いですね(^^ゞ
そんなこといいながらも300gある麺は瞬く間になくなってしまいました。大盛りにすればよかった。。。でも大盛りだとつけ汁足りなさそう(笑)
スープ割りも当然お願いしましたが、これまた美味。
ごめんなさい、もう美味しかったという記憶しか残っていません(笑)
もちろん完食・完飲!大感動の1杯でした。ごちそうさま!次の遠征時も必ず来ます!

住  所:品川区大崎3-14-10
定休日:火曜日
rokurinsha

テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
6/2の麺(其の参)は、
九段 斑鳩@千代田区九段北(初訪問) の、
特製和の塩(930円)20060602-003

さて、ホテルにチェックインしてから、カロリー消費を兼ねて、御茶ノ水からテクテク歩いて九段斑鳩に向かいました。
20時半前に到着するとやはり長蛇の列。数えてみると29人いました(汗
でも今日のラーメンはこれでおしまいなので素直に並んで待ちます。
結構回転が早くて40分ほどでお店の中に入ることが出来ました。
スタッフは4名いらっしゃいましたが、坂井さんはお見かけしませんでした(泣)

塩本鰹らー麺が食べてみたかったのですが、既に売り切れだったので、しばし悩んだ後、特製和の塩の食券を。待ち時間も店内を眺めたり、厨房内の様子を覗いたりで飽きません(笑)
確かに玉子は糸で切っていましたね(*^_^*)

さてさて運ばれてきました~。特製だけあってチャーシュー3枚に、味玉1個、メンマたっぷりに海苔、ネギ。キレイに盛り付けられており「美味しそう~」
早速、スープから飲んでみると。。。
「。。。。美味しい~(*^。^*)」
爆発的な旨味というよりじんわりと旨味が伝わってくる感じです。
作っているところからもWスープであるのはわかりましたが、和の塩は魚介の風味の方が強い感じです。
しかしながら舌に伝わってくる味はどの味もカドがたっておらず、非常に優しい味わいです。
麺は、まるできしめんのようなかなり幅広の平打ち麺。
すすればぷるぷるっと、噛めばもちもちっとした食感は楽しく、美味しいですが、初食はやっぱり普通の麺の方がよかったかな?!
チャーシューは柔らかく味もよく文句のない出来。ただ3枚はちょっと重たいかな~
メンマはやや甘め(だったかな?)で特製ゆえに増量されていています。
味玉もトロリとしていて絶品。海苔も風味が良いです。
ただ、唯一不満だったのは真ん中に載っていたネギ。固まってしまっており箸でほぐしてもなかなかほぐれませんでした。
それ以外には全く不満点は感じられず完食・完飲。
「熱々で爆発的な旨味があるのが美味しいラーメン」という主観からは評価されないかもしれませんが、素材の良さを活かしきった非常に完成度の高いラーメンだと思いました。
もう一度普通のらー麺か本鰹らー麺を食べたいな、と思いつつお店を後にしました。
ちょうど並んでから食べ終わるまで1時間でしたね。ごちそうさまでした!

住  所:千代田区九段北1-9-12
定休日:日曜日
ikaruga1
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
4/2の麺(其の四)は、
らーめん 魚 つけめん せたが屋@品達ラーメン 麺達七人衆(初訪問) の、
ひらつけめん(750円)20060402-005
(無理を言って麺を少なめにしてもらいました)(店名の魚は本当は丸囲いです)

さて、品川駅から1,2分ほど歩くと高架下に品達はありました。
いきなり目に飛び込んできたのは、なんつッ亭・弐の行列。
「さすが東京。この時間(21:30)でも行列かぁ」と思ったのですが、各店を見て回ると行列が出来ていたのはなんつッ亭・弐だけでした。
他はむしろ空席が目立っており、直前のテレビの影響かなぁという感じ。
品達ラーメンは、そのなんつッ亭(秦野)の他に、
熊本ラーメンひごもんず(西荻窪)  せたが屋(野沢)  きび(神田)  saijo(旭川)
蔵六(品川)  横濱くじら軒(横浜)
の7店が入っているコンプレックスです。
私が選んだのはせたが屋。つい最近まで栄の麺屋横丁に入店していたので、皆さんは馴染み深いと思いますが、私は結局食べずじまいだったので、これ幸いだったのです。
しかも、確か以前はここのせたが屋は「せたが屋 雲」という名前で独自メニューを出していたと思ったのですが、いつのまにやら雲が取れてメニューも本店と一緒っぽい。。。
やっぱり食べておかないといかんでしょう。
ということで店の入り口にある券売機まで行ったところで手が止まりました。
ひらつけめん300gもある!
これはさすがにちょっと厳しいなあ、ということで無理を言って麺を減らしてもらいました。
最初減らしてってお願いしたら、「2玉分なので1玉にしましょうか」って言われましたが(笑)
さて運ばれてきたつけ麺ですが、ひらつけめんの名の通り?、ものすごく幅広な平打ち麺です。
ちょっと冷水での締めが甘かったのかぬるーい感じですが、口に運ぶときプルプルっとして美味しい麺。
そしてつけ汁。看板に偽りなし!魚介全開です。
一口飲むなり「あぁこれは俺の好きな味だ(はあと)」と実感できました。
鶏ガラ、ゲンコツ、モミジなどでとったスープに土佐産の宗田節や煮干などのスープを合わせて作っているようですが、非常にレベルの高いスープだと思います。
麺とスープの相性も良好。たちまち麺はなくなってしまいました。
スープ割りは少しスープを減らしてもらった上で割ってもらったのですが、それでも結構な量で戻ってきました(^^ゞ
これまた美味しい味で、ほとんどを飲んでしまいました。
唯一残念だったのは、ガツン汁が置いてなかったこと。ガツン汁の張り紙はあったので存在はしていると思うのですが、遅い時間だったのでなくなってしまったのでしょう。
ガツンカレーはあったので少しだけかけてみましたが。
これまた美味しいつけめんで大満足!おなかもパンパン(笑)ごちそうさまでした。

住所:東京都港区高輪3-26-20
[続きを読む...]
4/2の麺(其の参)は、
博多長浜らーめん 田中商店@足立区島根(初訪問) の、
らーめん(600円)替玉(120円)20060402-004

夜の部は、田中商店へ。
元々昨夜行くつもりでしたが、体調不良で見送ったので今日はリベンジです(笑)
このお店は、某店の店主さんから「東京で豚骨ラーメン食べるならこの店だよ」とオススメを受けていたので是非行きたいと思っていたのです。

東武伊勢崎線梅島駅で降り立つと、田舎者のオイラもほっとするような街並み。
幸い雨もほとんど止んでいたので10分ほどの道のりも苦にならずお店に到着。

お店はカウンターとテーブル席あわせて30席以上ありひろびろとしています。
そして、長浜ラーメンにはつきものの?威勢のよい店員さんの声が響いています。
らーめんをカタで頼みましたが、普通の上はいきなりバリカタみたいで、バリカタでオーダー。
ほどなく運ばれてきたラーメン。いい香りがプワ~ンとしてきます。
海苔にはなにか文字が書いてあります。これどこかでも見かけますね(笑)
まずはスープから。
!!!!!激旨!!!!!
いやぁ、これは文句なしに美味しい。豚骨の旨味がこれでもか!と口の中に押し寄せてきます。
臭みはほとんど感じませんが、多少は臭みがあったほうが美味いという先入観はもろくも崩れ去りました(笑)
麺の湯で加減はちょうどよく、適度な食感で美味しく食べられました。
チャーシューやキクラゲは王道長浜ラーメンのそれ。
替玉もバリカタで注文。替玉後はニンニクや辛子高菜を投入しました。高菜はかなり辛くてだいぶ味が変わってしまいました。
もしかしたらもう1軒行くかも、という思いから替玉は1回でとどめましたが、
本当ならもう一回替玉したかったです。
もちろん完食・完飲!実に美味しかったです、ごちそうさま。

こんなの食べると地元で長浜ラーメン食べられなくなるなぁ。。。20060402-006

住所:東京都足立区島根1-2-3
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。