どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月7日の麺は、
自家製極太筋肉麺 男は黙って前を行け!@岐阜市(今年:1回目/通算:2回目) の、
汁なしラーメン(800円)otokomae


今回、食べたのは汁なしなので単純比較はできないですが、初訪問時よりだいぶブラッシュアップした感じでした。
初訪問時の記事がまだ未掲載だったので、簡潔にそちらを書いてから、こちらも書きたいと思います。しばらくお待ちください…



自家製極太筋肉麺 男は黙って前を行け!
住所:岐阜市北鶉1-60-1
定休日:日曜日・祝日
現在は夜営業もしています
※訪問時のデータです。変更されている可能性がありますので必ずお調べの上お出かけください
お店の公式サイト

11月 日の麺は、
自家製極太筋肉麺 男は黙って前を行け!@岐阜市(初訪問) の、
豚ハーフ300(790円)
20071107-001


otokomae1

※豚ダブル300以外は注文可能でした。前金制。水・箸セルフ

otokomae2



自家製極太筋肉麺 男は黙って前を行け!
住所:岐阜市北鶉1-60-1
定休日:日曜日・祝日
※訪問時のデータです。変更されている可能性がありますので必ずお調べの上お出かけください
お店の公式サイト
otokomae3

10月30日の麺は、
YUMIN@岐阜市(初訪問) の、
和風ラーメン チャーシュー1枚入り(750円)20071030-001

※2枚入りは1,000円、3枚入りは1,250円

各務原の有名店だったユーミンが茜部に復活!という噂が流れてから数ヶ月。
遂に本当にオープンしました。なかなかオープンしないからガセネタかと思ってた時期もありました(^_^;)

最初にお断りしておくと、私、鵜沼時代のユーミン知りません(爆)
や、もちろん有名な店だったので存在は知っていましたが、あの頃は今ほどラヲタでもなかったので(汗)自宅から20キロは離れた店にはなかなか行く機会がなく、気づいたらなくなっていたという次第で。今なら近い部類ですけどね(^^ゞ20キロ。

ということで純粋な初訪問の店として訪れたのですが、なかなか外観からして変わった店ですね。
駐車場からはパッと見、シャッターの下りたガレージがあり、店は営業していないようなのですが、その横に奥へつながる通路があり(大きな暖簾がかかっています)、奥には普通の家wこここそが本物のYUMINでした。
ドアをあけて、玄関で靴脱いでスリッパに履き替えてご案内です。
玄関左の部屋に案内され、そこにはカウンター席とテーブル席が2つありましたが、家の奥の方からもお客さんが出てきていたように見えたので、もうひとつフロアー(というか部屋w)があるのかもしれません(?)

ラーメンは和風ラーメンのみ。チャーシューが1~3枚入りに出来ます。
2枚入り3枚入りはいいお値段なのでまずは1枚入りを注文。程なく運ばれてきました。

旧ユーミンの味がどれくらい再現できているのかはわからないのですが、ある程度は再現できていると想定して言えば、旧ユーミンのラーメンやチャーシューに思い入れや思い出があるか否かで随分と評価が変わりそうな印象でした。
ファンだった人からすればこの味に再会出来ただけで感動で美味しいって感じるんじゃないのかな(昔の味が再現できてなければ失望にも変わるんでしょうけど)。

全くの初体験の私からすると、和風とネーミングされているように魚介も効かせたあっさりした醤油ラーメンは極めて「普通」としか評価できませんでした。
絶賛するポイントもないけれど、かといって不味いわけでもなし(^_^;)普通ですね。
売りのチャーシューは確かに厚みがあって柔らかいです。でも、後半は飽きちゃいました。
中細のやや縮れた麺もあんまり印象に残らなかったです。

立地や建物の形状から見ても、新規客をバンバン取り込もうというよりも、従前の常連さんをターゲットにしているような印象でした。

しばらく経ってから再度訪問してみようと思います。ごちそうさま。


YUMIN
住  所:岐阜市茜部菱野4-88
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:30(O.S.15分前)
定休日:月曜日・第3火曜日
yumin
9月30日の麺は、
麺や 壱光@岐阜市(今年:2回目) の、
辛味とんこつ(650円)
ミニ明太子ごはん(250円)20070930-001

20070930-002






麺や 壱光
住  所:岐阜市北一色3-12-23
定休日:月曜日
8月31日の麺は、
びったれ屋@岐阜市(初訪問) の、
豚骨ラーメン(650円)
替玉(100円)
炒飯(500円)20070831-001


今夜は昨年オープンしたびったれ屋さんへようやく初訪問。
実は去年一度伺ったことがあったのですが、隣の有料駐車場が満車であきらめてそのままになっていました。その間に岐阜駅前に2号店までオープンしていますね(^_^;)
店内はカウンター8席に座敷にテーブルが4つとまずまずな広さ。店主さん?1人で切り盛りされていました。

もちろん豚骨ラーメンを注文。麺はカタメでお願いしてみました。
数分で出てきたラーメン。写真撮影は快諾していただけました。
スープはそれほど濃厚ではないけれど、甘みも感じられるスープ。頭骨も使っている?
ただ表面に膜を張らんばかりの油の多さはちょっと…でした(^_^;)
麺は少し平打ちっぽくもあるストレート細麺。替玉ではバリカタにしてみましたが、シャキシャキ感はあんまりなくて時間とともにもっさりとした感じもありました。
追加で頼んだ炒飯は少し見て呉れがよくなかったけど、味はよかったです。でもこちらも底は油ぎっしりでしたが…(^_^;)

油の多さを除けばまずまず美味しかったと思います。遅い時間の選択肢としてまた再訪することもあるかな。ごちそうさまでした。

びったれ屋
住  所:岐阜市長住町9-2
営業時間:11:30~14:00 17:30~翌2:00
(日・祝12:00~23:00)
定休日:土曜昼・水曜日
※駐車場はありませんが、西隣の100円パーキングに停めた場合、会計が50円引きになります

8月12日の麺は、
担担麺頑固本舗 麺屋 紅胡麻 本荘店@岐阜市(今年:1回目/通算:8回目) の、
冷し豆乳胡麻担担麺(840円)(夏期限定メニュー)
20070812-001


8月27日以降集中的に更新を再開いたしますm(__)m

担担麺頑固本舗 麺屋 紅胡麻 本荘店
住所:岐阜市本荘中ノ町6-26
定休日:無休
営業時間が変わりました。
平日:11:30~14:50 17:00~23:00(O.S.22:40)
土曜日曜:11:30~23:00(O.S.22:40)

4/30の麺(其の壱)は、
ラーメン 来喜@岐阜市(初訪問) の、
とんこつ醤油ラーメン並盛(590円)20070430-001


28日に岐阜市北部で「りょうま」がオープンしましたが、もう1店、国道21号沿いの岐阜市南部に「来喜」がオープンしたようです。
実は外観は既に28日にチェック済だったのですが、正直あまり惹かれるものを感じなかったため素通りしちゃいました(^_^;)
でも一応岐阜中心のラーメンブログ(一応)としては抑えておかないといけないかな、という後ろ向きな理由でw訪れてみました。

国道21号を西から来ても、東から来てもまず見落とすことがないくらいでかい看板が立っています。というかこれ、横綱のパクリみたいな看板ですね…(^_^;)
そして、元パチンコ店だった建物をそのまま使っているため、めちゃくちゃ広い店内です。
何席あるかは数える気もしませんでした(汗)店員さんは確実に10人以上います。

メニューはとんこつ醤油と、とんこつ味噌の2種類のみ。(チャーシュー麺やサイドメニューはあります)
基本であろうとんこつ醤油をオーダーしましたが…

一目見てう~ん…と思ってしまいました。
とんこつと名前がついているラーメンでこんなに澄んだスープは他ではちょっと記憶がないです(*_*)醤油ダレを除いたらどんなスープなんだろう…
メニュー表には、豚骨と鶏がらと野菜を煮込んでとったスープ云々と薀蓄が書いてありました。
そのスープからは豚骨らしさは全く感じられず、鶏がらと野菜のスープみたいな感じ?
あ、醤油は知多半島産のを使っているそうです。

チャーシューは3枚入っていてこれはまぁおいしかったです。
それ以外の味の評価は書かずとも察していただけると幸いです…
帰りに「餃子(250円)が100円になる券」がもらえました。ごちそうさま。


ラーメン 来喜
住  所:岐阜市六条大溝1-16-20
定休日:不明
営業時間:11:00~25:00
「5月の営業時間」11:00~15:00 18:00~24:30
来喜1

来喜2

4/19の麺(其の壱)は、
麺や 壱光@岐阜市(初訪問) の、
とんこつ(600円)20070419-001

今夜は今日オープンの壱光さんへ。
北一色にあった豚骨ラーメンの店「治朗」が各務原に移転し、治朗のあった場所に新規オープンしたのが壱光です。
実はお昼時にも仕事で通りかかったのですが、仕事中のため寄りたいのをグッとガマンして(^_^;)夜やってきました

駐車場に到着すると、一足先に3人組の男女がお店に入ろうとしているところでした。
早速、繁盛しているのかな?と後に続こうとしたら、「すごいショック!」とか言いながら3人組が引き返してきて車に乗って去っていきました。
「もしや臨休?」と慌てて店の前に行ってみると、営業していました(^_^;)
彼らは治朗がつぶれて他の店に変わったと思ったんですね。教えてあげたかった…

店内に入るとお客さんはゼロ。あらら。男性の店員さんが3人見えましたが、1人は治朗の2代目店主だった方のようにみえました。確認しようにも座ったカウンター席の前には丼がうず高く積まれていて厨房の様子は見えず(*_*)

メニューの方は、とんこつ・辛味とんこつ・黒にんにくとんこつ・しょう油ラーメン・チャーシューめん と至ってシンプル。
てっきり治朗が豚骨以外のラーメン店をオープンさせたと思っていたので拍子抜けしてしまいました。
どうやら治朗の前店主だった方が独立したお店みたいですね。

とんこつをバリカタでオーダー。程なくして出された一杯を見ると治朗と同じ値段ながら、味玉が半分入れられています。チャーシューもちょっと厚くなってグレードアップした感じ。
ただ、味の方はそれほど治朗と大差ないかな?タレが変わったのかな?という感じはありましたが。
ぶっちゃけて書けば、ごく初期の治朗には及びませんが、最近の治朗よりは美味しいというレベルです。
開店の経緯などを伺おうと思ったのですが、店主さんはガラの処理の指導?で店員を1人引き連れて外に出て行かれてしまったので話を聞けずにお店を後にしました。
次回ラーメン100円引き券がいただけましたので、また辛味とんこつと黒にんにくとんこつを試しに来たいと思います。ごちそうさま。


麺や 壱光
住  所:岐阜市北一色3-12-23
定休日:未確認
3/28の麺は、
長浜らーめん 治朗@岐阜市(今年:1回目) の、
博多長浜豚骨ラーメン(600円)
ミニカレー(150円)20070328-001

20070328-002

この日、仕事中に車で治朗の前を通りかかったら、「治朗移転 29日まで」の貼り紙を発見!
かつては随分通った店でもあり、移転の真相も知りたくて、夜になって同行者さんと訪問しました。
いつもいらっしゃる2代目店主の姿は見当たらず。しばらく来ない間に体制が変わったのでしょうか?
豚骨ラーメンをバリカタで注文。
スープは程々の濃度の豚骨でいつもの治朗印の味わい。ここ1年くらいよく遭遇した塩辛さもこの日は問題なしでした。
でも今日は麺がイマイチでした。バリカタと替玉でハリガネを注文しましたが、シャキシャキとした歯ごたえのよさがなくて、何かもっさりとした感じ。過去治朗の麺に不満を感じたことはあまりなかったと思うので、たまたまこの日の麺の具合がよくなかったのかもしれませんね。
一緒に頼んだミニカレーは美味しかったです。

肝心の移転先は、各務原市のイタリアンレストラン「ジーロ」の敷地内。治朗はここのオーナーさんが経営されている店ですからね。
そしてこの店は新たに「壱光」という店となって営業されるとのこと。どのようなラーメンを提供されるのか楽しみです。
ごちそうさまでした。



住  所:岐阜市北一色3-12-17
※4/19(予定)より「壱光」が新規オープン!

治朗新住所:各務原市那加前洞新町2-208
定休日:火曜日
jirou


3/6の麺は、
天下一品 岐阜薮田店@岐阜市(今年:1回目) の、
野菜炒め定食(こってり)(890円)20070306-001

今夜は久々に天一へ。
前回は味がさねを食べて、こってりの偉大さを再確認したので(笑)
もちろん今回はこってりで。

久々ということもあって、細かいことは抜きにして美味しかったです。
やっぱり天一はこってりですね(^^♪


住  所:岐阜市薮田南5-16-6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。