どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/8の麺は、
手打ちラーメン 真打一番@岐阜市(今年:1回目/通算:2回目) の、
野菜味噌ラーメン(850円)
20060208-001


今日は久しぶりに真打一番へ行きました。私は久しぶりですが、同行者さんは常連となりつつあるよう。

お店の戸を開けると土足厳禁です。靴を脱いでスリッパに履き替えてカウンター席に。
初老のご夫婦が経営されていますが、ご主人がにっこり笑って迎えてくださいました。

野菜不足を自覚しているので、野菜味噌にしてみました。すごい野菜の量ですぐには麺にたどりつけないほど。

味噌スープの味は非常にあっさり。懐かしい味噌ラーメンの味がします。
麺はご主人が手打ち・手切りされた細めの縮れ麺。この麺、半透明がかっていてかなり美味しいです。

このお店は基本的にあっさりな味付けではないかな?以前食べた野菜担坦も辛かったけどスープそのものはとてもあっさりとしていましたし。次は白湯を試してみたいです。
20060208-002

ところでこのメニューの真ん中列と右列のメニュー(夏メニューを除く)を食べられた方はお見えでしょうか?
どんな感じなのか興味あるのですが。。。(単純に上に載るだけと思えますが)
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
2/7の麺は、
博多らぁめん 長福@岐阜市(今年:1回目/通算:2回目) の、
長福らぁめん(600円)+替玉(100円)、唐揚げ(350円)

20060207-001


今日は麺坊ひかりへ行くつもりでしたが、21時までに行けなくて断念。
味やの冬ラーメンも気になって、常連の同行者さんに尋ねたら、昼間で売り切れることが多いとのことでこれまた断念。

そんなわけで久しぶりに長福へ行ってみました。
長福はオープン当初に行った以来。スープを一口飲んで「スガキヤみたい!」と思ったのを覚えています。

お店に入ると店員さんはおじさん一人だけ。あんまり流行ってないのかしら?
普通の豚骨ラーメンを頼みましたが、サービスで1日50個限定の半熟味付玉子を入れてくれました。

スープを飲むと甘みを感じます。これが前回スガキヤみたいと思った原因なのでしょう。
もちろんあそこまでチープな味ではないことは言うまでもありません。それなりに美味しい豚骨ラーメンです。ただしスープがぬるかったです。替玉した時点では、すっかり冷めてしまっていました。

麺はバリカタで頼みましたが、とてもバリカタとは思えない軟さ。ちょっと不満です(替玉の麺はそれなりでしたが)。

具のチャーシューはトロトロとしていていい感じですし、ネギは京都の九条ネギを使っていてとても美味しかったです。
ただ、サービスで入れてもらえた味玉は、黄身が固まっていました。
白身はいい感じで色づいていたので残念ですが、無料なので文句は言えませんね。

すっかり冷めたスープを飲み干す気にはなれず、完飲はしませんでした。
岐阜の豚骨ラーメン屋では、治朗より長福を推す人が結構いる気がしますが、今日のラーメンの出来、覇気のない接客などからはそうは感じられませんでした。
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
2/2の麺は、
長浜ラーメン 治朗@岐阜市(今年:3回目) の、
豚骨ラーメン(600円)+替玉(100円)
20060202-001



今日は一人でSHIGEのミソそばでも食べに行こうかな、と思っていたところに
いつもの同行者さんから電話がかかり、「治朗に行きたい」の一言であっさり予定は変更されてしまいました(汗)。

治朗の豚骨はちょうど1ヶ月ぶりですね。麺の固さはバリカタで注文しました。
うーん、今日のスープはなんだか塩辛さを感じるような。
豚骨スープが弱くてタレが強く出てしまっているのかしら。

とはいえさほど気になるレベルでもなく、しっかり替玉(カタ)とご飯を追加してしっかりたいらげましたが。
あ、ご飯を頼むともれなくふりかけがついてきます。
カウンターに元々おいてある店もあるけど、ご飯と一緒にふりかけの袋を渡されるとなんだか得した気分(笑)

今日はいまひとつだった気がしましたが、元々豚骨気分じゃなかったからかもしれませんね。
ごちそうさまでした。
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
1/28の麺(其の壱)は、
らーめん専門店 ごまめ家 岐阜六条店@岐阜市(初訪問) の、
うま塩+魚だしガツン増し(682円)

20060128-001


ごまめ家は以前から一度は行こうと思いつつ、チェーン店ということもあってちょっと後回しになっていました。
少し前から提供された魚だしガツン増しの評判がいいので遅ればせながら初訪問。
広い店ですね~。オーダーストップ間近なのに店員さんは確認できただけでも8人もいます。

あっという間にラーメンが出てきました。
先ほどの魚だしガツン増しというのは、通常のラーメンに魚粉を追加して入れるというもので、
アゴ(飛魚)とタレ(片口鰯)を焼いて砕いたダシ粉だそうです。
スープを一口飲んでみると、確かに魚介の風味いっぱいです。素直に美味しい。

麺は中太麺くらい。短い時間で出てきた割にはちょっと軟く感じましたが、悪くはないです。

チャーシューは薄く切られたものが2枚。薄さがちょっとガッカリでしたが味は良いです。
メンマも太くてコリコリしていて美味しい。味玉も悪くない。
なんだかんだで完食・完飲していました。

もちろん前日に食べた店などと比べると魚介の味の深みとか全然違いますが、これは結構美味しい部類に入るラーメンでしょう。
ガツン増しの効果がどの程度なのかはわかりませんが。ごちそうさま。
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
1/19の麺は、
リンガーハット岐阜岐大BP店@岐阜市(今年:1回目) の、
霜降り白菜ちゃんぽん蟹添え(724円+深夜割増)+めんたいジャコめし(273円+深夜割増)

20060119-001


今日は木曜日で中村屋は定休日だし、時間も遅くなってしまったのでリンガーハットへ。
もちろんこの時期は、霜降り白菜ちゃんぽんを。
野菜一杯のちゃんぽんで豆乳仕立てのスープはまろやかで美味しいです。
やはり麺は少ないと思いますが、今日は野菜優先で食べたので極端な不足感はありませんでした。
しかし遅い時間にこのちゃんぽんとサイドメニュー食べると1,000円超えちゃいますね(^^;)
全然リーズナブルじゃないですね。
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
1/7の麺(其の弐)は、
長浜ラーメン 治朗@岐阜市(今年2回目/通算:いっぱい)の、
治朗辛みそラーメン(750円)

夜は、同行者さんの2006年治朗はじめにお供しました。
今週は2回豚骨を食しているため、あまり豚骨気分ではなく、
未食の辛みそラーメンを食べてみることにしました。

味噌ラーメン用の器で出てきた辛みそラーメンには、
チャーシュー、海苔、モヤシ、ネギが載っています。
だいぶ以前に食べた味噌ラーメンは甘みを感じるまあまあな味だった記憶がありますが、
辛みそはどうでしょうか。

味噌好きのくせに辛味噌ラーメンというものを殆ど食べたことがないため、
比較等は全然出来ませんが、
確かに辛いです。
というか、唐辛子の辛みばかりが口には伝わり、味噌の風味やダシのコクが伝わってきません。

麺は中太の縮れ麺。味噌にはこういう麺が合いますよね。
ネギは豚骨で使っているものと同じネギでしょうか?
ちょっとこのラーメンには合っていない気がしました。
一緒にご飯を頼んだので、残ったスープにご飯を投入して、スープまで完飲してきました。

豚骨ラーメンを替玉しても700円で済むことを考えると、
再食はないかな、というのが正直なところ。
これで、治朗で未食なのは、治朗しおらーめんだけになりました。
(今はメニューから消えていますが、塩豚骨ラーメンは食べています。)
1/3の麺(其の弐)は、
長浜ラーメン 治朗@岐阜市(今年:1回目・通算:数え切れない) の、
博多豚骨ラーメン+替玉(600円+100円)

夜はどこへ食べに行こうかとうろうろしていたら、治朗の明かりが点いていたので訪問。
店の方に聞いたら新春はこの日から営業とのこと。よかったよかった。

治朗は一時期、週2ペースで通っていたこともあり、通算訪問回数も恐らく50回は下らないのではないか、と思います。
正直、治朗の豚骨は一生分食べた、と思うこともありますが、時々無性に食べたくなることも事実です。

この店のオーナーは各務原の有名イタリア料理店の経営者なのですが、昨年の9月頃に実際にラーメンを作っている店長さんが変わりました。
前任者の方はとても愛想のいい方で大変良くしていただきましたが、時々味にムラがあり、出来不出来の差がはっきりしていることがありました。
作る方が変わったことで、味の変化が心配でしたが少なくとも数回食べた限りハズレは一度もなく安心しています。

今日は数ヶ月ぶりの訪問。新鮮な気持ちで食べることが出来ました(笑)
通い始めの頃は若干の豚骨臭さをあえて残している感がありましたが、最近はほとんど感じないですね。
バリカタで頼んだ麺との絡みも非常に良好だし、チャーシューも美味しい。胡麻を入れて食べるとまた美味しい。
一生分食べたなんてネガティブな感情は吹き飛んで即座に替玉をお願いしていました(笑)
替玉はカタでお願いしましたが、ここの麺の食感は好きですね。

ばりばり軒@一宮市の豚骨ラーメンも私はかなり好きですが、麺だけの評価ならこちらの方が好みです。
しっかり完食・完飲して満足。今年も月1~2回くらいは通いたいと思います。
1/3の麺(其の壱)は、
サッポロ亭 岐阜店@岐阜市(たぶん初訪問) の、
味噌バターラーメン(700円)

サッポロ亭は岐阜近辺にいくつかあり、恐らく子どもの頃とかに連れられて来たことはあると思うけど、記憶の範囲内にはないので、一応初訪問ということで。
15時過ぎに店に入りましたが、ほぼ満員でした。
座った席からはメニューらしきものが見当たりません。きょろきょろしていると、おばさんがメニューを出してくれました。

厨房の中では、男性二人が手際よく作業していました。麺をゆでる人と、野菜を炒め、スープを作る人と分業していました。

味噌バターは、チャーシュー、にんじん、たまねぎ、モヤシ等が載っていました。
特製にするともっと野菜いっぱいになるらしいですが。

味の方は、オーソドックスなサッポロ味噌ラーメン。タマネギの甘みがうれしい。
バターを途中で溶かしましたが、さほど味の変化はなかったかな。
まぁ、普通に食べさせてくれる一杯でした。麺、具は完食、スープは少し残しました。
12/30の麺(其の参)は、
坦坦麺頑固本舗 麺屋 紅胡麻 本荘店@岐阜市(6回目)の、
あっさり醤油ラーメン(525円)+味付玉子(94円)

飲んで帰ってきた頃、ちょうどいつもの同行者さんの仕事が終わったので、迎えに来てもらいそのまま同行者さんの晩御飯にお付き合いしました。
飲んだ後の締めなので、坦坦麺は避けて醤油ラーメンに。
前回はコクうま醤油ラーメンを食べましたが、今回はあっさりを。具はチャーシュー、メンマ、モヤシ、ネギ。炒め野菜がなくなっていますね。味は本当にあっさり。特に解説するまでもないオーソドックスな醤油ラーメンです。
チャーシューはもうひとつ。味玉も然りでした。
締めの一杯なので、これで十分です。この店は坦坦麺が売りなのでやはり極力そちらを食べたいですね。
12/30の麺(其の壱)は、
リンガーハット 岐阜岐大BP店@岐阜市(いっぱい行ってる) の、
霜降り白菜ちゃんぽん蟹添え(724円+深夜割り増し)

食べたのは日付が変わっていたので、30日分でエントリー。
29日夜は中村屋で今年の締めをするつもりでしたが、同行者さんの仕事がなかなか終わらず23時過ぎにようやく出発するものの、既に店は閉まっていました(泣)

代わりに選んだのは、リンガーハット。中村屋に通う前はよく行っていました。深夜営業していてリーズナブルで野菜満載ですからね。
この日は、待ち望んでいた霜降り白菜ちゃんぽんが復活していたので、早速オーダー。
このメニューは冬季限定メニューで、今冬は12月23日から2月20日(予定)までの提供だそうです。
名前のとおり、白菜がいっぱい入るわけですが、待ち望んでいたのは白菜ではなくそのスープ。豆乳が入っていて通常のちゃんぽんのスープと比べてまろやかでコクのある味に仕上がっています。またゆずも加えられていてその香りが食欲をそそります。
今年はズワイガニの身が上に添えられたので去年より値段が上がった?でもカニとの相性もいい感じです。
しかしながら、麺が少ない!去年も少なめだった記憶はありますが、今年はさらに少ないような気がします。具沢山なので、まるで野菜スープを食べている(飲んでいるではない)ような感じ。カニはなくてもいいから麺を増やしてほしいなぁ、と思ってしまいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。