どれこれの徒然日記です。 今、夢中のラーメン食べ歩きのレポを中心に 買ったCDのレビュー、ライヴレポも掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月13日の麺(其の弐)は、
麺家 喜多楽@名古屋市中区(今年:1回目/通算:4回目) の、
揚げ茄子と春豊のぶっかけ麺(800円)20070613-002

夜は榎本くるみさんのライブ鑑賞があるため、その前に喜多楽さんへ。
でも、14時近くに食べたお昼ごはんの消化が思わしくなく、元々は2杯食べるつもりでしたが、1杯だけでガマンすることに(^_^;)
少し悩んだ末、胃にも優しそうな「揚げ茄子と春豊のぶっかけ麺」を選んでみました。

これはとにかくハルユタカを使った麺の素晴らしさに尽きますね。石臼挽きならではの小麦の風味と食べ応えのある食感がサイコーでした。
揚げ茄子と鶏ささみもあっさりとしていて食べやすく夏の暑い日にはうってつけのメニューですね。ちょっと値段が高いかな~とは思ったけど美味しかったので許します(笑)
今日食べられなかった、麺友会お題目の今昔支那そば(塩)や夏限定のつけ麺もまた食べたいものです。ごちそうさまでした!


麺家 喜多楽
住  所:名古屋市中区橘1-28-6

定休日:月曜日
1/24の麺(其の弐)は、
再来軒@松坂屋本店催事場(初訪問) の、
宮崎とんこつラーメン(700円)20070124-003
※1/24~1/30まで大九州物産展内での出店です
2/1~2/7は松坂屋豊田店に出店するそうです


本日24日から松坂屋本店本館催事場で開催される大九州物産展
そこに東海地方初お目見えの再来軒が来る!ということで早速やって参りました。


嘘ですww 

本当の目的はこれまた東海地方初出店の島本食品の明太子!でした(笑)
以前お中元&お歳暮でここの明太子をいただいていたことがあって、とにかく美味い!
熱々のごはんの上に島本の明太子はマイソウルフードといっても過言ではありません。

ネット販売していることは知っていたので、買おうかなと思っていたところへ松坂屋物産展出店のニュースが。これは行かねば~~~待ち斬れ(以下略w)って訳です。

でも、せっかくなので、もちろんラーメンも食べましょう(笑)
今回の出店は宮崎県延岡市の老舗「再来軒」さんです。延岡では知らない人はいないくらい有名な店らしいです。
焼豚入りらーめん(900円)は既に売り切れていたので通常のラーメンを注文。

ちょっと待たされて登場したラーメンは、そこそこに豚の臭みが感じられます(ここの食事スペースも結構豚臭いです)。
コラーゲンたっぷりというスープも結構な粘度があり、一瞬、天一を彷彿とさせるなぁと思いましたが、あれは鶏ですね(笑)
でも、スープを飲んでみると意外とこってりしていなくて飲みやすい感じですね。
自家製麺という細麺は、博多ラーメンなどと比べるとやや太め。もう少し硬めで茹でてくれたら嬉しかったけれど、それなりに歯ごたえもあります。
チャーシューはもも肉を薄切りにしたもので、これもあっさりとしながらも旨味も十分あり美味しく食べられますね。焼豚入りらーめんなら一段と箸が進んだかもしれません。
メンマやきくらげはコリコリとしていましたが、かなり細め、小さめに刻んであるため余り存在感は感じなかったです。
本来550円のらーめんなので700円には若干割高感も感じますが、まぁこういうところですから仕方ないところでしょう。
まずまずの一杯。恐らく宮崎ではもっと美味しい一杯が食べられると思われます。

P.S.おうちに帰って明太子ごはんを堪能~ 幸せ(^^♪

住  所:名古屋市中区栄3-16-1(松坂屋本店)

再来軒住所:宮崎県延岡市旭町1-3-12
定休日:水曜日
再来軒のホームページ
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
1/21の麺(其の弐)は、
らぁめん 翠蓮@名古屋市昭和区(今年:1回目/通算:5回目) の、
濃いめ焼き干し(塩)(800円)20070121-001

さて、夜は先週のリベンジで翠蓮さんへ。
実は45分前に既に到着していたのですが、駐車場にはまだロープが張られていて停められず、近くで時間をつぶしてから10分ほど前に向かうと既に2台先客が(駐車場は3台)。
あわてて車を停めて店の前に向かうと行列が出来ていて私は8番目でした。

25分ほど待って待望の濃いめ焼き干し(塩)が登場。いきなりかなり強烈な魚介(トビウオ)の香りに襲われます。
スープを飲み、麺を食しても前面に出た魚介の風味が鮮烈です。
魚介系の味わいが好きな人なら「はい、うまいです」と言わざるをえない味わい(笑)
翠蓮さんとしてはかなりストロングスタイルの一杯ですね。

トッピングされた細切りのチャーシューがまた秀逸。甘みを感じる味付で旨味も十分。
メンマや豆苗も美味しくいただけました。

後半、トビウオに由来すると思われる苦味やエグミを若干感じましたが、これだけの魚介の風味の中ではそういったものが残るのは致し方ないところでしょうか。

もちろん完食でした。万人向けではないと思うので、決してスタンダードにはなりえないとは思いますが、限定ならではの深い味わいを堪能できて満足!ごちそうさま!

追記:決してスタンダードにはなりえない、などと書きましたがこの「濃いめ焼き干し」、好評につき、3月から定番メニューとなるそうです(^_^;)(ただし50円値上げ)
代わりに味噌らぅめんが2月末で定番落ちするそうです。定番化してから味噌は食べていなかったので、もう一度食べたいなぁ…



住  所:名古屋市昭和区花見通3-11 ハートイン杁中1A
定休日:水曜、第2・4・5火曜
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
12/3の麺は、
麺家 喜多楽@名古屋市中区(今年:3回目) の、
特製味噌らぁ麺(950円)20061203-001

今夜は先月も訪れた喜多楽さんへ。
今回の目的は冬季限定の味噌らぁ麺です。
せっかくなので特製にしてみました。

さっそくスープを一口飲んでみると…

これは美味い!!!

濃厚で旨味も十分です。個人的好みのど真ん中!
ノンストップで食べてしまいました(^^♪
なので細かいことはあんまり覚えていません(爆)ゴメンナサイ
また食べに来ようと思った一杯でした。ごちそうさま!


住  所:名古屋市中区橘1-28-6
定休日:月曜日
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
11/11の麺(其の弐)は、
麺家 喜多楽@名古屋市中区(今年:2回目) の、
今昔支那そば(700円)20061111-001


其の壱は諸般の事情で省略(ラーメンではありません)
2杯目は、8月以来となる喜多楽さんへ。
昔ながらの支那そばをベースにしながらも新しさを感じるというのがこのラーメンのコンセプトなんでしょうが、レベルの高い一杯でした。

名古屋コーチンとサンマ節のWスープだそうですが、魚介の風味が存分に伝わってきます。
でもそれに負けない鶏がらの旨味もあって、一気に完食。
麺もスープに負けていませんでしたし、チャーシューも味わい深かったです。
美味しゅうございました。


住  所:名古屋市中区橘1-28-6
定休日:月曜日
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
9/22の麺は、
汐留らーめん@カップ麺(期限切れ 笑)

9/23の麺(其の壱)は、
らぁめん翠蓮@名古屋市昭和区(今年:3回目/通算:4回目) の、
醤油らぁめん全部のせ(700円+350円)20060923-001

今日は先日も訪れた翠蓮さんへ。
塩らぁめんがまだ未食ですが、今日は諸々の事情で醤油らぁめんに。
(冷し担々麺も食べたかったけど…)
動物系・魚介系のWスープを魚醤中心のタレで合わせたという一品です。
スープを一口。「…美味しい!(^^♪」
期待に違わぬ美味しさです。
やはり魚介の風味がふわんと伝わってきて食欲をそそります。
スープは翠蓮らしくいろんな素材が絡み合った深みのあるなかなか味わえないような味わい。素直に美味しいです。
全部のせだけにトッピングも豪華です。
味付半熟揚げ玉子は初めて食べましたが、なんとも面白い食感でした。黄身はやや固まり気味だったけど美味しかったです。
メンマはあいかわらずコリッコリで最高の食感。
チャーシューも文句なしの美味しさでしたが、さずがに5枚も入ると今の私には少し重たく感じました…そろそろ若くもないということでしょうか(涙)
もちろん完食で大満足。来てよかったです。ごちそうさま!

住  所:名古屋市昭和区花見通3-11 ハートイン杁中1A
定休日:水曜日 第2・4火曜日
9/17の麺(其の参) は、
我聞 GAMON@名古屋麺屋横丁(初訪問) の、
エビとんこつラーメン(750円)20060917-003

せっかくドニチエコきっぷを買ったので元は取らないともったいないなぁ、と言うわけではないですが、久々に栄の麺屋横丁にやってきました。(下までは先日も来たけど入らず帰っちゃったしw)
お目当ては15日に開店したばかりの我聞さん。
俳優の河相我聞さんがオーナーの店ですね。(ちなみに河相我聞は「かあいがもん」と読むのが正しいです。「かわい」じゃないよ。天までとどけ 観てたなぁ)
彼のブログを拝見して、イチオシと書いていた「えび塩」を食べたいな、あっさりしてそうだし3杯目でも大丈夫だろう、と思っていたのです。
ところがところが…店内に入ってメニューを見たらエビ塩なんてない!
唯一エビの名前がついているのはとんこつラーメンだったのでエビとんこつラーメンをオーダー。
(自宅に帰ってから再度我聞さんのブログをみたらエビ塩を提供しているのは立川店のほうでしたorz)
早速運ばれてきたラーメンのスープから飲んでみると、確かに結構強いエビの香りがあります。いい香りというよりちょっと「エビ臭い」と思ってしまいました。

麺はやや半透明のような感じの麺で、ぱっと見、頼りなさげに見えたのですが、食べてみると意外に食感はよかったです。
一方、豚骨臭はほとんど感じませんでしたが、スープの濃度・粘度はけっこうありコッテリめのラーメンですね。(食後、唇がカピカピになりました)
あっさり目を想定していたこともあって、3食目にはやや重い感じだったのでスープまで完食には至らずにごちそうさま。
おなかすいている時に食べればまた違った印象が出てくるかもしれないな、と思った一杯でした。さすがに1晩3食は私にはキツかったですね。


住  所:名古屋市中区錦3-24-4 サンシャイン栄2F
定休日:なし
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
9/17の麺(其の弐)は、
はまゐば HAMAIBA@名古屋市昭和区(初訪問) の、
ラーメン細麺(白)(540円)20060917-002

元々いりなか駅に着いた時点ではまゐばさんのことは頭にありませんでした。
「新規開拓か行ったことのある美味しい店か」の葛藤の末、一軒目は後者を選んだのですが、駅から翠蓮さんへ向かう途中に、ふとはまゐばさんの存在を思い出したのです。
そうなれば行くしかないですね!
結構翠蓮さんでおなかいっぱいになったのでしばらく本屋さんで腹ごなししてから向かいました。
お店はすぐ見つかりましたが、ぱっと見何屋さんかわからない…。唯一道路沿いに出ていたのぼりは「新米コシヒカリ使用」だし(爆)
もし私がラーメンにはまっていなかったら、スルーしちゃう気がします。
まぁ地元の人には既に「はまゐば」の名前は知れ渡っているのかもしれませんが。

店内に入ると、先客はおじさん2名のみ。
ラーメンの太麺にしようと思ったのですが、麺量が200gあると書いてあったのでちょっとキツイかな、と細麺の食券を購入しました。
あっという間に出されたラーメンは結構ぎっしりと背脂が浮いています。
そのスープはそれほどこってりでもなく程よい濃度。
麺は最高級のセモリナ粉・準協力粉を使用と書いてありましたが、かなり細い麺にも関わらず、歯ごたえがあって美味しい麺でした。
ただ、私が食べた時は、かなり麺が短くて、すする楽しみが得られなかったです。丼にかなり顔を近づけて食べることに…
チャーシューは柔らかくていい味でしたし、半分入っていた味玉も美味しかったです。

トンコツスープに魚介を香らせた味自体は特別目新しさは感じませんでしたが、十分美味しい一杯でしたし、なにより名古屋市内なのにこの内容で540円で食べられるというのは破格の値段設定といってもいいと思います。
2杯目なので替玉は自粛して、さらにスープも残そうと思ったのですが、ついつい飲み干してしまいました。
次回はおなかすいているときに太麺で試してみたいと思います。ごちそうさまでした。


住  所:名古屋市昭和区隼人町3-6 ヴィラユタカ1F
定休日:月曜日なし
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
9/17の麺(其の壱)は、
らぁめん 翠蓮@名古屋市昭和区(今年:2回目/通算:3回目) の、
つけ麺(ゆず)(850円)20060917-001

今日は中京競馬場に出没。
着いた途端のレースでステイゴールドの子どもが快勝!
よっしゃと喜んだものの、単勝馬券ギリギリで買えんかったんだったorz

その後の馬券は想像におまかせするとして(*_*)競馬後は食べ歩きツアー敢行しましたw
堀田駅から少し歩いて地下鉄に乗り換えてまず向かったのは2月以来の翠蓮さん。
まだ未食の塩らぁめんを食べたいなぁと思って向かったのですが、席についてメニューを見た後には、なぜかつけ麺(ゆず)をオーダーしていました(^_^;)
春夏限定メニューって文字にクラっと来ました。はい。(冷やし担々麺は気分じゃなかったのでパスしました)

結論から言うといい意味で期待を裏切られた一杯でした。
もっと安直にゆず!って感じの香りがするつけ麺を勝手に想像していましたが、最初にふわんと香ってきたのは胡麻の香りでした。
一口つけ汁を飲んでみると確かにゆずの香りがあるのですが、ほのかに香るといった感じ。
むしろ複雑に味が絡み合ういかにも翠蓮さんらしい味わいがメインで、非常に美味しいつけ麺でした。
チャーシュー・メンマも素晴らしい出来でとても美味しかったです。特にメンマの歯ごたえは最高でした。
忙しそうなご主人の仕事の合間をぬってスープ割りをお願いすると、魚介の旨味・風味がたったスープとなり悶絶。美味しすぎる!
もちろん完食。これは満足度の高いつけ麺でした。ごちそうさまでした!


住  所:名古屋市昭和区花見通3-11 ハートイン杁中1A
定休日:水曜日 第2・4火曜日
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
8/27の麺(其の壱)は、
麺家 喜多楽@名古屋市中区(初訪問) の、
つけ麺(700円)20060827-001


解放!
今夜は1ヶ月くらい前から行く店を決めてありました。
喜多楽、ぎんや、それから撤退する生粋だったのですが、生粋は24日で閉店してしまったため、3軒目は未定です。

まずは喜多楽さんから。ぎんやさんからスタートの方が帰りを考えると効率的ですが、喜多楽さんの方が開店時間が早かったので。
店の近くの自販機の前で待機してシャッターでお店へ。
しばし悩んだ末、夏限定のつけ麺をオーダー。
北海道江別産の小麦「はるゆたか」を使ったという麺は口の中ではじかれるような強い食感があります。味も美味しくて食べる喜びを感じられる麺。
つけ汁の方は、表面に浮かぶ鰹の香味油がインパクト大。これだけで既に(^^♪状態です。
ベースとなっているのは動物系のスープですが、そのまま飲むには少~し濃いくらいの濃度はありました。
具はチャーシューとメンマと海苔とナルト。チャーシューは香ばしい香りもあってとても美味しく食べられました。
あっという間に、固形物は完食。後客の調理の合間をぬって、スープ割の有無を聞いてみましたが、厨房内のスペースの都合で、スープ割りはやっていないとのことでした。う~ん残念。
ということでつけ汁は3分の1ほど残してごちそうさましましたが、かなり美味しいつけ麺をいただけて満足でした。今昔支那そばも早急に食べてみたいなぁ。


住  所:名古屋市中区橘1-28-6
定休日:月曜日
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。